ミクロの世界の2014年、今年のベスト顕微鏡写真

ミクロの世界の2014年、今年のベスト顕微鏡写真

オリンパスが毎年開催する「Olympus BioScapes Competition」は、小さなミクロの世界、顕微鏡写真のコンテストです。今年の入賞作品が先日発表されました。さて、小さな世界を見てみましょう。

1位:ミバエの胚の成長をとらえた24時間の動画

141218bestmicroscopicphotosoftheyear01.jpg
William Lemonさん、Fernando Amatさん、Philipp Kellerさん、HHMI Janeliaリサーチキャンパス(アッシュバーン、ヴァージニア州)

フルヴァージョンはこちらで見ることができます。

2位:ネズミの小脳

141218bestmicroscopicphotosoftheyear02.jpg
Thomas Deerinckさん、National Center for Microscopy and Imaging Research、カリフォルニア大学サンディエゴ校(カリフォルニア州)

3位:フジツボが食べ物を口に運ぶための付属器官

141218bestmicroscopicphotosoftheyear03.jpg
Igor Siwanowiczさん、HHMI Janeliaリサーチキャンパス(アッシュバーン、バージニア州)

4位:ゾウムシ

141218bestmicroscopicphotosoftheyear04.jpg
Csaba Pintérさん、Keszthely さん(ハンガリー)

5位:ねずみの脳

141218bestmicroscopicphotosoftheyear05.jpg
Madelyn Mayさん(Hano、ニューハンプシャー州)

青っぽいのが細胞核、黄色に見えるのがアストロサイト、赤っぽいのは血管です。

6位:モロテゴカイ科多毛類の幼生

141218bestmicroscopicphotosoftheyear06.jpg
David Johnstonさん、Southampton General Hospital Biomedical Imaging Unit(サウサンプトン、イギリス)

7位:バターデイジー

141218bestmicroscopicphotosoftheyear07.jpg
Oleksandr Holovachovさん(Ekuddsvagen、スウェーデン)

8位:蛾の口の中のトゲ

141218bestmicroscopicphotosoftheyear08.jpg
Matthew S. Lehnertさん、Ashley L. Lashさん、Kent State University at Stark(オハイオ州)

9位:緑コーンヘッドウンカの幼虫

141218bestmicroscopicphotosoftheyear09.jpg
Igor Siwanowiczさん、HHMI Janeliaリサーチキャンパス(アッシュバーン、バージニア州)

10位:ゼブラフィッシュ幼虫の脳全体の神経運動

141218bestmicroscopicphotosoftheyear10.jpg
Philipp Kellerさん、Fernando Amatさん、Misha Ahrensさん、HHMI Janeliaリサーチキャンパス(アッシュバーン、ヴァージニア州)

動画はこちらで見れますよ。

source: Olympus BioScapes Competition

Sarah Zhang - Gizmodo US[原文

(そうこ)

    あわせて読みたい

    powered by