98年前のボイラー室を、素敵なお家にリノベーション

98年前のボイラー室を、素敵なお家にリノベーション

リノベーションの力はスゴい。なんでもあり。

ちょっとした倉庫くらいの大きさがある洗濯ルーム兼ボイラー室が、こじゃれたお家に変身します。サンフランシスコ在住の建築家Christi Azevedoさんが手がけたのは、1916年からあるボイラー室の大改造。特注家具を作ることや、鉄&木製の階段などをとりつけることからプロジェクトはスタート。

141211smallyetgreathouse01.jpg

141211smallyetgreathouse02.jpg

141211smallyetgreathouse03.jpg

141211smallyetgreathouse04.jpg

かなり大掛かりなカスタマイズ品と改造が必要だったそうですが、プロがその気になればなんとでもなるもので、小さいながらも素敵なお家に仕上がっています。1階のフロア面積はたったの93平方フィート(約8.6平方メートル)なんだとか。見事ですね。

image: used with permission from Azevedo Design

Kelsey Campbell-Dollaghan - Gizmodo US[原文

(そうこ)

    あわせて読みたい

    powered by