ビットコイン取引所Bitstamp、ハッキングでシステムダウン

    ビットコイン取引所Bitstamp、ハッキングでシステムダウン

    ビットコイン業界を全体を揺るがすニュースかも。

    マウントゴックスを破産に追い込んだビットコイン消失が内部犯行によるものだという報道がなされてわずか数日。またもやビットコインの不安定さを物語るようなニュースです。老舗で大手ビットコイン取引所のBitstampは、ハッキングによりサービスを一時的に停止しました。

    Bitstampは今回被害を受けたのは同社の「運用上のウォレット」のみであり、インターネット上のサーバに保存されている顧客のビットコインへの被害は小さいとしています。Bitstampの大半のビットコインはインターネットに接続されていない「コールドストレージ」に保存されているとのことです。

    マウントゴックスの報道といい、今回のBitstampのハッキングといい、ビットコインの課題が浮き彫りになるような事件が立て続けに起きています。BitstampのCEO、Nejc Kodrič氏は昨年、Bitstampを「ビットコイン業界全体のバックボーン」と述べています。もし本当にそうだとしたら、今回はビットコインのシステム全体がハッキングされたと考えるのが妥当でしょう。ここのところ、ビットコインの価格は下落を続けています…。

    source: Wired

    Adam Clark Estes - Gizmodo US[原文

    (conejo)

      あわせて読みたい

      powered by