ソニーがガラスを通して音楽を再生できる魔法のライトを発表

    ソニーがガラスを通して音楽を再生できる魔法のライトを発表

    ソニーの最新ガジェットは、よくあるプラスティックの端末ではありません。モノとしてはスピーカーですが、もちろん従来通りのスピーカーではありません。このシンフォニッライトスピーカーは、ガラスを通して音楽を再生するライトなのです。

    LEDライトとスピーカーのコンビネーションであるこの製品は、CESのソニーブースにあるLife Space UXのコーナーに展示されています。ここは住環境のデザインを大きく変更することなく最新技術を活用することをテーマとしていて、まさにガジェットを家具に隠してしまう芸術品です。

    150108SonySpeaker2.jpg

    このスピーカーは、ソニーのバーティカルドライヴシステムというガラスを通して音を鳴らす仕組みによって、部屋中にクリアに響き渡る音を創り出すことができます。このスピーカーでふわふわした音楽以外のものを再生したらどんな風に聞こえるのが気になりますね。たとえば、大音量のトランペットやベースラインなどの音は、あまり心地良くは聞こえないんじゃないかと思います。

    それでも、この技術そのものの将来は気になります。個人的には壁のように積み上げあれられたスピーカーを眺めるのが好きなのですが、ここ最近は目立たないスピーカーがトレンドのようです。ガラスを通して音楽を再生させるという試みはこれが初めてではありませんが、これまでニッチな企業のみが手を出していたエリアでソニーのようなオーディオ機器の大手がどのような展開を見せてくれるのか、楽しみです。

    Mario Aguilar - Gizmodo US[原文

    (山田まり)

      あわせて読みたい