電力もAVもこれ1本。端子を交換するだけの便利すぎるケーブル

    電力もAVもこれ1本。端子を交換するだけの便利すぎるケーブル

    旅先や外出中には、持ち歩くガジェットの数だけケーブルの数も増えてしまうもの。1本のケーブルで全部なんとかできればスッキリするのに、と思ったことはありませんか?

    そんなニーズに応える新アイテム「TOBケーブル」がクラウドファンディングサイトKickstarterに登場しました。端子を取り替えるだけで電力でも映像でもオーディオでも、ワイヤレス未対応の接続すべてに対応できるようになるという、とっても便利なケーブル(実現したら)です。

    150223cable02.jpg

    これまでにも端子を取り替えて複数の用途に使えるケーブルはありました。ケーブルの先を交換するだけでLightning、マイクロUSB、Appleのドックコネクターに対応できるスマートフォン用充電ケーブルなんて、数えきれないほどです。

    その点、TOBケーブルは、データ、オーディオ、映像、電力をすべて転送できるようになるというのが今までのケーブルとの違いです(製品情報より)。

    ナイロンでカバーされたケーブルの中身は、光ファイバーと、その周囲を包む太い銅線です。この銅線と光ファイバーが具体的にどう設計されているかが、TOBが複数の機能に対応できる秘密のポイントだと思われます。

    出品者は、ケーブルの使いやすさを考慮し、どの向きでも端子をつけられるように丸いデザインを採用したそうです。間違った向きはない、と説明していますが、HDMIケーブルは19本のピンが正しく配列されていないと使えないので、なぜTOBがHDMIケーブルとして使えるのか気になるところです。

    150223cable03.jpg

    TOBケーブルはKickstertarの目標金額20,000ドルをすでに達成しています。わずか65ドル(約7730円)で1.5メートルのケーブルをプレオーダーでき、配送予定は7月となかなかの早さです。しかも、Lightning、マイクロUSB、ミニUSB、USB、オーディオ、HDMIマイクロ、HDMIのすべての端子がついてきます。

    このケーブルは、Appleのマグセーフに似たクイックリリース機能など、多くの複雑な機能が備えられる予定ですが、注意したいのは、それがあくまでも予定だということです。プロモーションビデオではこのケーブルがどんなに便利なものになるか宣伝されていますが、出資するならもう少し詳しい情報が明らかになるまで待ってもいいかもしれません。

    でも、本当に宣伝されている通り使えるなら、どんなにたくさんガジェットを持ち歩いてもケーブルはたった1つだけで済みますから、かなり便利ですよね。

    source: Kickstarter via Coolest Gadgets

    Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

    (山田まり)

      あわせて読みたい

      powered by