10年かけてデザインされた、流線型が美しいカーボンピアノ

    • Twitter
    • Facebook
    • LINE
    • はてな
    • クリップボードにコピー
    • ×
    • …
    10年かけてデザインされた、流線型が美しいカーボンピアノ
    Amazonブラックフライデーセール開催中!<いますぐ会場へ>

    ハンガリーのピアニストがデザインした、新しい形のピアノが大きな注目を集めているそうです。今まで我々が見知ったようなピアノのデザインとは大きく異なり、流線型のボディ、2本の足、そしてカーボンファイバーを使ったものになっています。

    このデザインの目的は「より鮮明で高いピッチを観客に伝える」ことを目的とし、曲線状の形が「観客に向かってピアノの下から音を奏でるような」効果があるのだそうです。

    確かにこのピアノからは力強い音が聞こえるような気がします。製作者のサイトでは、バッハの「前奏曲とフーガ ハ長調 BWV 545」、モーツァルトの「ピアノ・ソナタ第9番 ニ長調 K. 311」、ドビュッシーの「ベルガマスク組曲」、リストの「愛の夢」、バルトークの「アレグロ・バルバロ」をフルで試聴することができます。

    この新しい形は今後は増えていくのか、それとも他にも様々な形のピアノが出てくるのか、気になりますね。

    source: コタク・ジャパン

    (ギズモード編集部)