飼っているお魚の状態も外から監視・管理できる時代に

    飼っているお魚の状態も外から監視・管理できる時代に

    水槽にいる魚にとっては死活問題。

    現在、Kickstarterにて資金調達している「FishBit」は、水槽の状態監視と管理をスマートデバイスを介してできる優れものになっております。

    いまの世の中、ほとんどのものがスマートデバイスにて監視や管理ができる時代になってきており、自宅にいるペットもその対象となっております。このFishBitは、水温・pH値・塩分濃度を確認でき、外出先からでも水槽内の状態がわかります。そして状況によっては、接続された他の機器を動かし、良好な状態へと管理することも可能としております。

    150115fish3.jpg

    セッティングも簡単で、水槽の内側に貼付けるだけです。電源は水槽の外側からワイヤレス給電するらしく、感電漏電の心配もなさそうです。

    150115fish2.jpg

    これまで機器はタイマー仕掛けで、失敗してしまった方には朗報であること間違いなし。クラウドファンディングの目標額は5,000ドル(約59万円)。製品化に関しては、ここで支援してくれた方にベータ版を使用してもらって、そのフィードバック後に完全版として発売するそうです。

    動物のペットよりも少しだけデリケートな魚の飼い主は、これで安心して外出できそうですね。

    source: KickstarterFishBit

    (okeyuhi)

      あわせて読みたい

      powered by