iOSのセキュリティは万全だということ? アップルウィルス対策アプリを次々削除中(追記あり)

    iOSのセキュリティは万全だということ? アップルウィルス対策アプリを次々削除中(追記あり)

    iOSのウィルス対策は万全?

    今や世界のスマートフォン業界を牽引するiPhoneをはじめ、iOSデバイスは一昔前のアップルでは考えられないほどの台数が存在しています。昔はMacにはウィルスの心配なんてない!とかiOSのセキュリティは万全だとかうたっていたアップルですが、それはまだシェアが少なかったときの話。これだけ台数があればそれを狙ったウィルスだって現れてもおかしくありません。

    だからこそウィルス対策のアプリというのもそれなりの数がAppStoreには存在していたのですが、どうもアップルはこのジャンルのアプリを次々と削除している模様です。今のところはウィルス対策やantivirusと検索すればいくつかアプリを表示してくれますが、現在確認されているところではIntego社のVirusBarrierというアプリは既に削除されてしまったそう。

    明確な原因は今のところ明らかにされていません。また、AppStoreのポリシーなどの変更も現状では発表されていません。考えられるとすれば、アップルにとってはウィルス対策のアプリがたくさんあるという状況は面白くないのかもしれません。サンドボックスのiOSにおいて本当に機能するのかあやしいウィルス対策アプリがかなり登録されていたとも言われています。アップルとしてはウィルス対策なんて必要ないというスタンスを明確にしたいとも考えられるかも?

    ただ、iOSのセキュリティホールが幾度か見つかり随時アップデートを繰り返しているのも事実です。人間が作るものなんだからそんな完璧なものなんてないとも思うんですがね。ちゃんとアップデートしましょう。

    (※編集部追記: iOSの脆弱性に対してウィルス対策アプリの効果があるというような誤解を招く表現をしておりましたので訂正しました)

    source: 9To5Mac , Intego

    (小山和之)

      あわせて読みたい

      powered by