新センサー搭載のトラックパッドで、より直感的にMacBookを操作 #AppleLive

    新センサー搭載のトラックパッドで、より直感的にMacBookを操作 #AppleLive

    トラックパッドがさらに使いやすく。

    新しい12インチのMacBookとMacBook Proシリーズには、新しいトラックパッドが搭載されます。「Force Touch Trackpad」と呼ばれる新しいマルチタッチのトラックパッドには、力のかかり具合を感知する4つの「フォースセンサー」とブルっと皮膚に直接フィードバックする「タプティック・エンジン」を内蔵しています。フォースセンサーは、Wiiのバランスボードをイメージするとわかりやすいかもしれません。タプティック・エンジンはApple Watchにも搭載されていますよ。

    この2つのセンサーの上には今まで通り1枚のガラスが置かれていて、どこをタップしても同じ感覚が得られるそうです。トラックパッドの感度も調節可能になりました。

    Mac OSにも新しいジェスチャーが加わり、「弱いタップ」と「強いタップ」で異なる機能を使い分けられますよ。例えば、知らない単語を強くタップすればWikipediaのページが表示され、住所なら地図が、日付ならカレンダーに新しい予定を登録できます。

    150310_newtrackpad_3.jpg
    単語を強くタップすれば、Wikipediaページがポップアップ

    150310_newtrackpad_2.jpg
    住所を強くタップすれば、地図アプリが表示

    今まではキーボードのコマンドキーを押しながらクリックしたり、右クリックしてたのが、トラックパッドをタップする強さで使い分けられるようになります。MacBookはキーボードの構造もパワーアップし、より直感的に操作できそうですね。

    マウスはもう必要無いのかも?

    source: Apple

    (徳永智大)

      あわせて読みたい

      powered by