3分でフェイスブックのWindowsストアアプリを開発する

    3分でフェイスブックのWindowsストアアプリを開発する

    「人気アプリが簡単に作れる!」「在宅副業で月収100万円を稼ぐ!」みたいな広告、よく見かけますよね。でも、たった3分ちょいのこの動画を見ると、たしかにアプリ開発は簡単にできる可能性もあるといえそうです。

    といってもこれ、正確にはギリギリ「アプリ」と呼べるくらいのものではあります。というのもフェイスブックが今月上旬に公開したWeb版メッセンジャーの「ガワ」だけを作ってWindowsストアアプリに仕立てているためです。

    Elmer Moralesさんがやったことといえば、マイクロソフトが提供する開発ツール「Visual Studio」を起動し、アイコンや背景の設定を少しだけいじってWeb版メッセンジャーを直接呼び出しているだけ。でも、逆にいうとWeb版があるサービスならWindowsストアアプリへの参入障壁はかなり低いともいえそうです。

    ちなみに、Moralesさんはこの開発コードをGithubで公開しています。自分で同じ工程をふむのすら面倒くさい(あるいはVisual Studioを入手できない)という方は、インストラクションにしたがってこのアプリを自分のWindows端末にインストールできますよ。

    ※公式のWindowsストアアプリではありませんので、インストールは自己責任でどうぞ。

    source: Github

    Chris Mills - Gizmodo US[原文

    (Rumi)

      あわせて読みたい