Apple Watchを未来のiPodにする方法 #AppleWatch

    Apple Watchを未来のiPodにする方法 #AppleWatch

    聞けます。

    Apple Watchは時計ですが、音楽も聞ける時計なんです。ちょっと前に第6世代のiPod nanoにバンドアタッチメントを付けて腕時計にするっていうのがあって、あれは腕時計にもなるiPodでしたが、それとは逆の考え方。

    Apple WatchからペアリングしたiPhoneを操作してiPhoneで音楽を再生することもできます。ですが、ここでは音楽データをiPhoneからApple Watchに転送して、Apple Watchのローカルにある音楽を再生する方法を紹介します。つまりはApple Watchを小さいiPodにする方法です。

    最初に大事なことを言っておくと、Apple Watchのスピーカーから音楽を再生することはできないみたいです。あくまでBluetoothでペアリングしたイヤホン、ヘッドホン、スピーカーなどから音を再生する方法となります。

    iPhoneからApple Watchに音楽を転送する

    150424_IMG_1668.jpg

    まずはペアリングしたiPhoneにある音楽データをApple Watchに転送します。ちなみに転送は曲毎ではなく、ひとつのプレイリストを転送することになるので、あらかじめお気に入りのプレイリストを作成しておきましょう。ちなみにプレイリストの上限は、2GBまでの容量か、250曲までの曲数から選択することになります。

    さて、iPhoneを操作していきます。Apple Watchアプリを立ち上げて「マイウォッチ」のタブから「ミュージック」を選択します。

    150424_ipod.jpg

    「ミュージックの同期」のところにある「同期済みプレイリスト」をタップ。

    150424_IMG_1663.jpg

    ここでApple Watchに転送したいプレイリストを選択します。すると自動で転送がはじまって、進捗どうですか?って聞かなくても進行状況がパーセンテージで表示されます。

    150424_IMG_1664.jpg

    ぐんぐん進みます。ちょっと横道にそれますが、僕がやってみたときはプレイリストに含まれる楽曲がiPhoneのローカルになく、iTunesのクラウド上にしかない状態でも問題なく転送が進みました。自動でローカルにダウンロードして転送してくれるみたいです。これは気が利いてますね。

    150424_IMG_1670.jpg

    転送完了。iPhoneの操作はここまで。

    イヤホン・ヘッドホンをペアリングして再生する

    150424_IMG_1659.jpg

    次はApple Watchを操作して、Bluetoothに対応したオーディオ機器、イヤホンやヘッドホン、スピーカーをペアリングしますよ。

    150424_IMG_1683.jpg

    設定アプリを開いてBluetoothを選択。

    150424_IMG_1678.jpg

    今回はライターの小暮さんが持っていたソニーのBluetoothイヤホン「MDR-NWBT20N」とBluetooth接続します。

    150424_IMG_1679.jpg

    できました。デジタルクラウンを押してホーム画面に戻り、ミュージックアプリを立ち上げましょう。

    150424_IMG_1676.jpg

    メニューから「再生中」をタップ。

    150424_IMG_1675.jpg

    この画面が表示されたら、タップではなく、画面を強く押してください。感圧タッチテクノロジーを使う場面です。

    150424_IMG_1671.jpg

    するとこんなメニューが出てきます。ここで「ソース」をタップ。

    150424_IMG_1672.jpg

    「Apple Watch」を選びましょう。

    150424_IMG_1680.jpg

    そして再生マークをタップすれば、ペアリングしたイヤホンから音楽が聞けます! Apple WatchがiPodになった瞬間です(言い過ぎ?)。

    150424_IMG_1682.jpg

    楽曲の選択画面はiPhoneとApple Watchのソースが混在しません。ソースにApple Watchを選んでいる場合は、転送した楽曲しか表示されません。

    おつかれさまでした。あとは音楽を楽しんでください。

    150424_applewatch_music2.jpg

    あと、この記事を書いていて思ったのが…。音楽再生できるApple WatchをiPodと呼んだとき、そのiPodは3.5mmのステレオミニプラグのポートすら取り払って、AirPlayによるワイヤレス接続のみをサポートする未来のiPodなのだ…と妄想が捗りました。アップルがAirPlayの規格を拡張すればすぐできそうだけどなぁ。

    あ、容量の問題はあるか。

    source: Apple Watch

    (鈴木康太)

      あわせて読みたい

      powered by