GIZMODO イノベーター特集:4月20日(月)Pixie Dust 落合陽一さん

    GIZMODO イノベーター特集:4月20日(月)Pixie Dust 落合陽一さん

    未来のヒントがつかめるかも?

    ギズモード・ジャパンでは、テクノロジーで日常の価値観を変える世界のイノベーターを取り上げていきます。今回はメディアアーティストで、最先端の研究者でもある落合陽一さんに、全く新しいスピーカー「Pixie Dust」についてお話を伺いました。

    落合さんは、来週24日にアジア初開催となる、スタートアップイベントSLUSH ASIAにもスピーカーとしての登壇が決まっています。

    そんな彼が手がけたPixie Dustは、指向性スピーカーでありながら、ものを浮かせたり、空中に触覚をつくり出すことのできるスピーカー。その名Pixie Dust(=妖精の粉)のとおり、魔法を現実にするテクノロジーなんです。

    インタビュー記事は、4月20日(月)21時に公開。

    過去のギズモード・ジャパンの、イノベーター特集記事は以下よりご覧になれます。

    クリエイター

    Flying Lotus

    新しい音楽のルールを作ることがクリエイティヴの第一歩

    ギズモードだから教えてやるよ。俺の言うことをしっかり覚えておいてくれ。

    2016年、Magic Leap

    それだけだ。それが未来だ。

    OK Go

    gmi_okgo.jpg
    ネット時代に音楽をマネタイズするには「走るのを楽しめ!」

    僕たちのファイナンシャルモデルはある意味危険だ。崖っぷちでルームランナーに乗っているようなもので、「後ろを見るな、下を見るな、とにかく走り続けろ、できるだけ速く走れ」の精神だから。

    まぁ、唯一ラッキーだと思えるのは、僕らは走るのが好きなんだよね。

    村松亮太郎

    gmi_naked.jpg
    「ナイトアクアリウム」を手がけるNAKED村松氏「これは恋愛みたいなものです」

    言葉で説明できるってことは、コピペ可能なんですよね。僕はコピペできないものを作りたい。だからこそ、五感を刺激するような「体験」を提供したいといつも考えているんです。

    Squarepusher

    gmi_squarepusher.jpg
    孤高すぎる音楽家SquarepusherがZ-MACHINESで見た音楽の未来は一体何?

    子供時代に戻った様な気分で作曲したよ。だってロボットバンド用に音楽を作れるなんて、夢のような体験だから。

    BOOM BOOM SATELLITES

    gmi_boom.jpg
    奇跡の時間に作られた剥き出しの本質、それを届ける手法

    自分たちの考えは一概にこうだと言えるようなものではありませんが、ファーストプライオリティは音楽だった。

    原野守弘

    gmi_haranosan.jpg
    舞台は日本。原野守弘さんが手がけるOK Goの新作MVに込められたクリエイティヴ

    色んなジャンルで言えることですが、歴史に勝つのは本当に難しいんです。先行する名作に敬意を持ちながら、自分なりの新しい解釈を提示していくことが大切。

    エンジニア

    Trickey

    gmi_tickey.jpg
    キーボードを再発明する! 東大発キーユニット「Trickey」

    ゲーマーにとっては本当に欲しいプロダクトだと思います。というか、僕が欲しいものを作ったんです。

    AgIC

    gmi_agic.jpg
    電気を「描く」。全く新しい発想のペン

    「(製品そのものというよりも)新しい電気の体験を提供したい」と清水さんは話します。このプロダクトの登場で、これからの人と電気との関わり方は大きく変わっていくかもしれません。

    Legacy Effects

    gmi_3d.jpg
    ハリウッドの頭脳を「拡張」する3Dプリンタ。パシフィック・リムなどの製作エンジニアが語るその可能性

    10年前にアイデアレヴェルで止まっていたもの、また失敗に終わったものが、今は形にできる。さらに明日には、その形から別のアイデアが生まれるかもしれない。これって本当にイノヴェーションだと思う。

    デザイナー

    佐藤可士和

    gmi_yammar.jpg
    「デザインって速いんですよ」次世代ヤンマーの姿を佐藤可士和さんに聞いてきた

    イノベーションは、イノベーションを起こそうと思っていないと起きないんですね。そもそも論ですが、これって意外に重要なこと。淡々とルーティンワークをやっているのと、『よし!世界変えようぜ!』と思っているのって違うんですよ。

    Matias Duarte

    gmi_android.jpg
    マテリアル・デザインって何? Androidデザイン責任者にインタヴュー

    僕らはリアルな物理を使うとはいってますが、リアル世界をコピーしようとは考えていません。ただ、脳や心にとって自然なものを作ろうとしているだけです。

    キュレーター

    MESHおうち改革サミット

    gmi_mesh.jpg
    「未来の家」に求められるのは、何? 2015年MESHおうち改革サミット

    IoTの基本的な考え方だとは思うんですが、家というものは今後インターネットにつながっていくはずです。でも、うちの業界内でIoTのことを言っても、みんな知らないんです、「何? IoTって?」って話になってしまう。

    (斎藤真琴)

      あわせて読みたい

      powered by