アップデートは待った方がいい? iOS 8.3ではファイルマネージャーが使用不可に

    アップデートは待った方がいい? iOS 8.3ではファイルマネージャーが使用不可に

    突然の規制強化。

    使っている人には結構大きな問題になるアップデートが、iOS8.3で密かに行われていました。というのも、iOS 8.3ではファイルマネージャーでのアクセスができなくなってしまったんです。

    ファイルマネージャーは、MacのFinderやWindowsのExplorerのように、デバイス内のデータ階層を見るためのもの。HDDやUSBメモリ、音楽プレイヤーなどは接続するだけで外部デバイスとしてアクセスできますが、iOSデバイスはそのままではアクセスできません。

    そのために専用のファイルエクスプローラーがあり、iExploreriFunBoxなどが有名です。しかし今回のアップデートで基本的にはこれらのソフトを利用してもアクセスできなくなってしまったんです。

    このファイルマネージャーを使って、iOSデバイスから音楽データや写真を直接PCに送れたり、データを階層下に直接送っていた人も多かったのではないでしょうか。現状iExplorerのサポートページには調査中となっていますが、今後対応できるかの見通しについては語られていません。

    アプリ単位、iTunes経由でデータをやり取りできるiTunes File Sharingに対応しているアプリのデータはアクセスできるようなのですが、規制緩和の多かったここ数年ではめずらしい突然の規制強化です。開発者の中には対応に追われる方もいるかもしれません。

    image by Eugenio Marongiu / Shutterstock

    source: MacRumors , Macroplant

    (小山和之)

      あわせて読みたい

      powered by