レゴで作るカラフル観覧車。誰を乗せる? 何人乗せる?

レゴで作るカラフル観覧車。誰を乗せる? 何人乗せる?

たぶん全員乗せて1日中回してると思う。

昨年発売されたフェアグラウンド・ミキサーに引き続き、大人もワクワク、そしてなんとなく懐かしい気持ちになれる新しいレゴセットの発売が決定しました。今度はなんと観覧車! 遊園地のシンボルがついにきましたね。この観覧車、高さはだいたい2フィート(約60センチメートル)くらいで、12個のカラフルなゴンドラが特徴的。セットには10人のミニフィグが付いてるので、もちろん乗せて楽しめますよ。

150501lego_ferris_wheel01.jpg

レゴクリエイターの新シリーズ「Ferris Wheel」の価格は200ドル(約24,000円)でレゴのオンラインストアで6月から購入できる予定です。

今回ピースの数は2,464個で、その中には10人の老若男女のミニフィグたちも含まれます。ミニフィグたちのバリエーションの豊かさも魅力なんですよね〜。観覧車を動かすときは手動でハンドルを回してもOKですが、レゴの電気モーターとバッテリーを使えば自動でぐるぐる回るようにもなります。こっちのほうが本物の観覧車っぽい。

150501lego_ferris_wheel02.jpg

ちなみに、12個のゴンドラはちゃんとドアが開いて、それぞれ3ミニフィグまでなら乗れるので、乗せようと思えば最高36ミニフィグ乗せられます。でも注意してくださいね。彼らの安全は観覧車を運営する私たちにかかってます。観覧車が動いている間はきちんと乗車用スロープを外しておきましょう。スイッチで簡単に切り替わるので、ゴンドラに乗りたいミニフィグが来たら観覧車を止めて、スロープを戻してあげればいいですよ。

あと、ゴンドラはけっこう高さがあって開放的なデザインになっているので、どんなミニフィグでも乗車をお断わりせずにすみます。この際だから家にあるミニフィグ全部乗せてずっとぐるぐる回してたい!

150501lego_ferris_wheel03.jpg

150501lego_ferris_wheel04.jpg

150501lego_ferris_wheel05.jpg

150501lego_ferris_wheel06.jpg

150501lego_ferris_wheel07.jpg

150501lego_ferris_wheel08.jpg

150501lego_ferris_wheel09.jpg

150501lego_ferris_wheel10.jpg

150501lego_ferris_wheel11.jpg

source: Lego

Andrew Liszewski - Gizmodo Leg Godt[原文

(SHIORI)

    あわせて読みたい

    powered by