90秒で今日のトークを乗りきれる、アップル #WWDC2015 まとめ

    90秒で今日のトークを乗りきれる、アップル #WWDC2015 まとめ

    さらっと読みたいひとは、これだけ読んで。

    おはようございます。今日の夜明け前から行われたアップルのイベント「WWDC 2015」で発表された内容を90秒でさらさらっと読めるようにまとめました。

    簡単に言うと、OS XとiOS、さらにwatchOSに新バージョンが登場。One more thingで待望の音楽サブスクリプションサービス「Apple Music」が披露されました。

    OS X 10.11「El Capitan」

    150609elkko00.jpg

    OS Xがアップデート。OS X 10.11「El Capitan(エル・キャピタン)」が登場します。El Capitanはヨセミテ国立公園にある岩の名前だそう。

    機能面はジェスチャーによるコントロールが増えたほか、複数のアプリをフルスクリーンモードで使用できる新機能「Split view」や「Metal for Mac」という新しいグラフィックAPIのサポートなど、使いやすさとリッチさ両方に磨きをかけてきました。

    開発者向けには本日から、パブリックベータは7月、一般公開は秋の予定です。

    iOS 9

    150609ios9_matome.jpg

    iOSも最新バージョン「iOS 9」が登場します。

    検索APIとSiriの大幅進化、Squareとの連携により100万店舗で使用可能となるApple Payはイギリスでもローンチ、「Wallet」として生まれ変わるPassbook。さらにメモやApple Mapに加えて、リッチで美しいレイアウトでニュースが読める「News」アプリもiOS 9の新機能のひとつです。

    そして、一際大きな歓声が聞こえたiPadのマルチタスク対応! CarPlayの拡張やSwiftのオープンソース化も見逃せないところ。

    デベロッパーベータは本日、パブリックベータが7月、一般公開が秋の予定。

    あ、iOS 9はiPhone 4s、iPad 2、iPad miniもサポートします。

    Apple WatchはwatchOS 2で大ジャンプ

    150609gizmodo000013.jpg

    6週間前に発売されたばかりのApple WatchがwatchOS 2で大幅進化します。ネイティブアプリが登場することによってさまざまな新機能が追加されるんです。

    ウォッチフェイスに自分の写真を設定することができたり、Facetime対応、Wi-Fi対応、ボイスメモなどなど、ひとつひとつは細かい変更ですが数が多いです。できることが一気に広がりました。

    デベロッパープレビューが本日、一般公開はこちらも秋です。

    お待ちかねの音楽サブスクリプションサービス発表!

    musicservicewwdc21.jpg

    One more thingきました。革新的な音楽サービスとして、ストリーミングの時代に登場したのが「Apple Music」。

    iTunes上の音楽すべてをクラウドに取り込んで聞いたり、それをもとに好みの音楽をレコメンドしてくれたりもします。Beats 1などのRadioサービスも聞けますし、アーティストが自分の作品を届ける「Connect」という仕組みもできました。

    Apple Musicは、月額9.99ドルで6月30日からスタートします。最初の3カ月は無料で試せます。ファミリーメンバーシップなら14.99ドルで6人までシェア可能です。

    source: アップル

    (鈴木康太)

      あわせて読みたい

      powered by