友達がロボットな生活も間近? スムーズな会話ができるロボットが誕生

    友達がロボットな生活も間近? スムーズな会話ができるロボットが誕生

    青く塗りたい気分。

    タカラトミーがドコモと共同で開発したロボット「OHaNAS(オハナス)」が10月上旬に発売となります。このロボット、これまで販売されてきたロボットとはひと味違うようです。というのも「OHaNAS(オハナス)」は自然な対話ができるロボットなのだそう。

    これまでの対話ロボットは会話で対になる文章をあらかじめ登録しておく必要がありました。台本を覚えこませなきゃいけないわけです。この場合、事前の仕込みがないと会話できないし、そもそもそんなの会話とは呼べません。

    しかし、「OHaNAS(オハナス)」はNTTドコモの「しゃべってコンシェル」で活用していた意図解釈機能文章正規化機能を用いることで、会話の前後の文脈などから文章を読み取り、スムーズな会話を可能にしたのだそう。さらに、ニュースや天気などの情報を取得し、会話内にリアルタイムで反映できる機能も備わっているというのだから驚きです。

    ただし、スムーズな会話を行なうためには、専用アプリをインストールしたスマートフォンやタブレットと「OHaNAS(オハナス)」をBluetooth接続させつつ、インターネットにも接続させる必要があります。奥に控えている会話サーバーが、「OHaNAS(オハナス)」の脳の役割を果たしているって感じですね。

    メーカー希望小売価格は19,800円。そのうち一家に一台という日が来るのでしょうか。

    source: 株式会社タカラトミー

    (okeyuhi)

      あわせて読みたい