世界で一番最先端な右手を手に入れた女性

    世界で一番最先端な右手を手に入れた女性

    超かっこいい!

    最先端のテクノロジーのおかげで、生まれつき右手がなかった女性が自転車に乗ることができるようになりました。

    イギリスのSteeper Groupがロンドン在住の26歳Nicky Ashwellさんという女性のために「BeBionic」と呼ばれる小さな義手を製作。同社によるとこの義手は解剖学的にもっとも正確で他に類を見ない精密さと自然な動きを兼ね備えているとのことです。

    同社は、細かい設計の部品でできているF1のスポーツカーの骨組みを作るのと同じ技術を使ってこの義手を作成したそうです。というわけで、義手でありながらも大まかな感じではなく、本物の手と同じ機能を果たす14種類の精巧な握り方ができるように作られているんですって。

    この義手は、腕の筋肉の動きによりセンサーが作動して手が動くという仕組み。一本一本の指にはモーターが入っていてそれぞれ独立して動き、本物のように動くようになんと、337つのパーツで出来上がっているそうです。

    指は、速さと強さのバランスをうまく取るためにレアアースのマグネットでつながっていて、本物の指先のような柔らかいリアル感を出すため指先には気泡が入っているんですって。そしてレンガ25個分相当の45kgくらいまで持ち上げることも可能。カッコイイ義手ですがスーパーヒーロのような特別なパワーがあるのではなく、あくまでリアルな手を追求した義手なんです。

    この義手を得たNickeyさんはオンラインファッションのトレンドサービスの会社でプロダクトマネージャーをしているそうですが、「この義手を最初につけたときはエキサイティングだったけど、変な感じもしたわ。でもすぐにたくさんのことが可能になったんだってわかった。今までは挑戦の連続だったけれど、今は動くのはすごく簡単になったし、自然に見えるようになったわ。とっても小さなことでもびっくりするような新発見がたくさんあるの。例えば、彼氏と手をつなぎながらハンドバックを持てることとか。他にも自転車に乗ったり、ウェイトトレーニングとか今まではできなかったことができるようになったの。」

    Nickeyさん、本当に良かったですね。

    James O Malley - Gizmodo US[原文

    (リョウコ)

      あわせて読みたい

      powered by

      こちらもおすすめ