軍艦島ファンに送る画像集:豪雨の後の造船所廃墟

軍艦島ファンに送る画像集:豪雨の後の造船所廃墟

廃墟って、過去に繁栄してればしてるほど美しいですよね。ブダペストには、百年以上前のオーストリア=ハンガリー帝国時代に栄えた造船所の廃墟がいくつか残ってます。

1304426528787157795.jpg

その中の一つ、ガンズ・ダヌビウス造船所・クレーン工場の写真がこちら。豪雨の後、屋根からは水のしずくが垂れ、床には水たまりがいくつもできていました。壊れた窓から差し込む太陽の光がさび付いた鉄の柱を照らしていて、いやー廃墟ど真ん中でした。

1304426527852493603.jpg

1304426528599706147.jpg

壮大な建物を目の前にすると、当時の造船産業の盛り上がりが目に浮かびます。

1304426527616718627.jpg

その長い歴史の中で、いくつもの船やボートがここで設計され、製造され、修理されたわけですね。

1304426527712523811.jpg

第一次世界大戦が近づくと、帝国のための駆逐艦、潜水艦や魚雷艇が作られたそう。

1304426527757062435.jpg

ヨーロッパにおける最大規模の戦艦であったセント・イシュトバーン戦艦というのがあるのですが、それもまさにここで完成・進水されたとのこと。ちなみにこのセント・イシュトバーン戦艦、大戦中に沈没のまさにその様子が録画された珍しい戦艦のうちの一つ。

大戦後も民間用の船や貨物船などの製造を続け、さらに拡大もされたようです。しかし国の社会主義体制が崩壊すると同時に造船所たちも徐々に潰れていき、この10年、20年で完全な廃墟に。

1304426527980017443.jpg

1304426528220539683.jpg

1304426528473933603.jpg

1304426528836155939.jpg

1304426528998356003.jpg

1304426529119768099.jpg

1304426529580835107.jpg

1304426529670943779.jpg

ハンガリーのフォト・アーカイブであるFortepanには造船所の貴重な過去の写真がアーカイブされていました。これを見ると歴史の流れが分かりやすいですね。

image by Attila Nagy/Gizmodo, Archive photos - Fortepan

Attila Nagy - Gizmodo US [原文]

(塚本 紺)

    あわせて読みたい

    powered by