Safari、ようやくタブの固定化と音出しタブの判別に対応 #WWDC2015

    Safari、ようやくタブの固定化と音出しタブの判別に対応 #WWDC2015

    結構時間がかかりましたね。

    「WWDC 2015」で発表されたOS Xの新バージョン「OS X El Capitan」 にアップグレードすることで、Safariももちろんパワーアップします。まずはタブの固定化。Chromeでは数年前からできていた機能ですから、ようやくといった印象ですね。

    続きまして、こちらもChromeでは対応済みの機能ですが、どのタブで音が出ているか判別するためのスピーカーアイコンの表示もするそうです。

    んーどちらもようやく感がありますねぇ。Chromeの機能を見習った形。いいものはいいで、どんどん取り入れていくといったところでしょうか。願わくばChromeみたいにメモリー喰い虫にならないことを祈ります。

    source: The Verge

    (和保皓介)

      あわせて読みたい