閲覧注意? グーグルの人工知能「Deep Dream」の映像版がさらに気持ち悪い

    閲覧注意? グーグルの人工知能「Deep Dream」の映像版がさらに気持ち悪い

    き、き、きもちわるい。悪夢そのもの。

    最近ネット上を騒がせているグーグルのなんか奇抜な感じの絵を作り出しちゃう人工ニューラルネットワーク「Deep Dream」。見かけた人も多いかと思います。なんか気持ち悪いと思った人、まだまだです。画像ではなく、映像にかけちゃうとさらにすごい世界に行ってしまいます。圧倒的な悪夢の中へ、恐怖と嫌悪感がいざないます。

    GithubのユーザーがこのDeep Dreamに画像だけでなく、ビデオをかけられるようにコードを公開したんだそう。しかもこのコードがちゃんと動くよと証明するためにこのユーザーが使ったビデオがまさに恐怖そのもの。ただでさえ、ぐるぐるしているのに、映画「Fear and Loathing in Las Vegas」(邦題「ラスベガスをやっつけろ」)で麻薬をキメているワンシーンをさらにDeep Dream化。

    このニューラルネットワークは、ご覧のとおり奇妙な渦巻きとよくわからない判別不能な生き物を生成するんです。ドラッグなしでサイケデリックの世界です。

    この「Deep Dream Video」はどんなビデオでも音声でもちゃんと変換してくれます。それにしても気持ち悪い…。自分のビデオで試してみる価値ありですが、その代わり、今夜は悪夢決定ですね。

    source: Digg

    Adam Clark Estes - Gizmodo US[原文

    (リョウコ)

      あわせて読みたい

      powered by