カーブ形状のiPhoneが、いよいよ生産されるかも?

    カーブ形状のiPhoneが、いよいよ生産されるかも?

    もしかしたら?

    韓国のLGディスプレイ社は、900億ウォン(約98億円)を投資して有機ELディスプレイの生産ラインを強化すると発表しました。同社の有機ELディスプレイはApple Watchにも採用されています。

    有機ELディスプレイの特徴は、なんと言ってもその柔軟さ。これを画面に採用したカーブ形状のiPhone2018年には発売されるという噂が少し前からありましたし、少し気になりますね。

    それに有機ELディスプレイなら、明るい屋外でもディスプレイが見やすくなりますし、バックライトも必要ないので、今までよりもさらに薄くできるんです。

    さすがに9月18日発売と予想されているiPhone 6sは大きく変わらないと思いますが、近い将来、今までと全然違うiPhoneを私たちが手にする日が来るかもしれません。

    source: Reuters , LG Electronics Inc.

    (ギズモード編集部)

      あわせて読みたい

      powered by