音楽好きなら手に取りたくなるマーシャルのスマートフォン

音楽好きなら手に取りたくなるマーシャルのスマートフォン

21世紀時代のマーシャルウォールです。

ZOUND INDUSTRIESと手を組んで、往年のマーシャルアンプデザインをモチーフにしたヘッドフォンやBluetoothスピーカーを発売しているマーシャルが、今度はAndroidスマートフォン「Marshall London」をリリースします。

裏面が実にキャッチー。シボ加工されたカバーがIt's a Marshall!

1507-marshall_London_rgb_highres_10-R.jpg

リアルタイムに音楽をシェアできるよう、ヘッドフォン端子は2つあります。ボリュームはそれぞれに調節可能で、再生フォーマットは標準状態でFLACにも対応しています。ステレオスピーカーも搭載。端子間にあるボタンはアプリ起動ボタンで、音楽アプリがプリセットされています。ロックですね。

1507-marshall_London_rgb_highres_12-R.jpg

一方はマイク入力端子かな? シールド繋げられるのかな? と思ったのですが、どうやら違ったみたいです。ギターの音を入れるには、別途Android対応オーディオインターフェースが必要なようです。

1507-marshall_London_rgb_highres_18-R.jpg

CPUがSnapdragon 410(1.4GHz 4コア)。RAMが2GB。ストレージが16GBで、メインカメラが800万画素。画面が4.7インチ720pでバッテリー容量は2500mAhと、ひと昔前のスペックであることは否めません。

でもこのルックスにヤラれる人は多そう。スペック至上主義から脱却を図るにはいいアイテムでしょう。お値段は399ポンド(約7.7万円)。あ、想像以上に覚悟のいるプライスでした。

source: マーシャル ヘッドフォン

(武者良太)

    あわせて読みたい

    powered by