Siriが「尻」から効果音を出せることが判明

    Siriが「尻」から効果音を出せることが判明

    アイドルと秘書はおならなんかしない。そう信じてました。

    初回申し込み時なら3カ月間無料トライアルができるApple Music。日本でのサービス提供に、心ときめきながら申し込んだ方も多いではないでしょうか?

    さて、国内でも大きな期待を背負ったApple Musicですが、米VergeによるとSiriさんはApple Musicのライブラリにアクセスして効果音を出してくれるようです。ためしに、Siriさんにおならをおねだりしてみましょう。

    「Hey Siri, play the sound of farts(なあSiri、おならの音を聴かせてくれ)」

    …。

    はい、なんとも言えない罪悪感に苛まれましたね。ホントすいませんでした。パワハラで訴えられたら確実に敗訴すると思います。ちなみに、Siriさんはこんなリクエストに快く応えてくれるそうですよ。

    • farts(おなら)
    • sad trombone(悲しきトロンボーン)
    • a chipmunk laugh(シマリスの笑い)
    • applause(拍手喝采)
    • a crowd booing(群衆のブーイング)
    • footsteps(足音)
    • a heartbeat(心臓音)
    • a laser(レーザー)
    • bees buzzing(蜂がブンブン飛ぶ音)
    • a space computer(宇宙のコンピューター)
    • shattered glass(ガラスが割れた音)
    • pain(痛み)
    • the ocean(海)
    • space(宇宙)
    • silence(静寂)

    日本語モードのSiriさんもこんなリクエストに応えてくれるのでしょうか? 「これは…!」というコネタを発見された方は、ぜひ教えてくださいね。

    source: Verge

    Jamie Condliffe - Gizmodo US[原文

    (Rumi)

      あわせて読みたい