写真を撮りに訪れたい世界の絶景スポット

写真を撮りに訪れたい世界の絶景スポット

この記事は2014年6月17日公開のものを再掲載しています。

相棒のカメラと旅にでるっていいよね。

カメラを買うと写真が撮りたくなる。写真を撮るともっといい風景を撮りたくなる。いい風景を見るともっといいカメラが欲しくなる。そして、もっと写真が撮りたくなる。自分の手で、自分のカメラで写真に収めたい場所、それは世界のこんな場所。

トレス・デル・パイネ国立公園:チリ

140617tenbestplacestophotograph01.jpg
image: Ian Plant

2,400平方キロもの自然豊かな国立公園には、年間15万人が訪れます。標高3,060メートルもある山岳や草原、ツンドラ地帯など、さまざまな自然が楽しめます。訪問のさいは、暖かいジャケットを忘れずに。山の天気は変わりやすいもの。

ラダック:インド

140617tenbestplacestophotograph02.jpg
image: Sandeep Pachetan(Creative Commons)

インドではもっとも高い高山地帯の1つ。冬季(10月から5月)は、全ての道路が通行止めとなり、この土地の住人がZanskar川の氷を使って村から村へと移動します。

雪豹撮影ポイントとしても有名。

ハイダ・グワイ:カナダ(ブリティッシュコロンビア州)

140617tenbestplacestophotograph03.jpg
image: Destination BC/Tom Ryan

アシカ、イルカ、ザトウクジラ、そして3種類ものシャチが見られる土地。

フェアバンクス:アメリカ(アラスカ州)

140617tenbestplacestophotograph04.jpg
image: Chris McLennan

オーロラ、この目で見て写真に収めたい! ベストな時期は8月後半から4月。

シカゴ:アメリカ(イリノイ州)

140617tenbestplacestophotograph05.jpg
image: City of Chicago

7月4日、独立記念日にシカゴで行なわれる花火大会。湾の近くにあるGodfrey Hotelの屋上バーは、ベストスポット。きっと、日本の花火大会だって負けていませんけれどね。

アルプス山脈:スイス

140617tenbestplacestophotograph06.jpg
image: Switzerland Tourism

標高4,164メートルのブライトホルンの頂上からは、フランス、イタリア、そしてアルプス山脈が望めます。もちろん、登頂は容易くはありませんが、その景色はそれに値する素晴らしさがあります。

サンダース島:フォークランド諸島

140617tenbestplacestophotograph07.jpg
image: Mary Loosemore

サンダース島の地峡は、訪れるのは少々面倒な場所。フォークランド諸島の首都であるスタンリーから飛行機に乗った後1時間ほどでこぼこ道をジープで走ってやっと到着。しかし、そこでは、キングペンギンや、ジェンツーペンギン、岩跳びペンギン、マゼラペンギンなど数多くのペンギンを見ることができます。

ハバナ:キューバ

140617tenbestplacestophotograph08.jpg
image: Zoriah(Creative Commons)

タバコ工場に屋外ボクシング場、連なるふるい建物に、57年のシボレー。この街は、シャッターを切りたい場所の宝庫です。

カパルチャルシュ(グランドバザール):トルコ(イスタンブール)

140617tenbestplacestophotograph09.jpg
image: Didier Baertschiger(Creative Commons)

トルコで最も大きな屋根付き市場。4,000もの店が軒を連ねています。朝早くにいけば、気のいい店主がポーズをとってくれるかも。

イエローストーン国立公園:アメリカ

140617tenbestplacestophotograph10.jpg
image: Donnie Sexton

狼を見ることができる場所。冬季にはYellowstone Association Instituteが、生物学者をリーダーとしたツアーも実施しています。

Michael Hession, Kelsey Campbell-Dollaghan - Gizmodo REFRAME[原文

(そうこ)

    あわせて読みたい

    powered by