北朝鮮の空港、利用者向けにインターネットを提供開始…もちろん、つながりません

    北朝鮮の空港、利用者向けにインターネットを提供開始…もちろん、つながりません

    …やっぱり。

    今年の7月、観光客の増加を狙って…かどうかはわかりませんが、北朝鮮の平壌空港に新しいターミナルができました。この新しいターミナルには、「インターネット・ルーム」といった近代的な設備も備えられています。このインターネット・ルームの唯一の問題は…どうやらインターネットが使えないっぽい、ということです。

    なんとも北朝鮮らしいこの話、ガーディアンはこんな風に伝えています。

    最近2回、空港へ行ったのですが、その部屋の3台の端末は空港職員が占領して他の人が使えないようになっているか、誰もいないにも関わらず、キーボードが取り外されているという状態でした。

    一時的な故障の可能性もあります。空港の担当者がコメントを控えたので、断言することはできません。

    な、なるほど…。ただ、もし旅行者がインターネットを使えたとしても、見られるものは少ないかも。北朝鮮では、一部の政府高官のみがインターネットの全体へ問題なくアクセスできますが、一般の人たちはたいてい携帯電話から、天気予報や電車のスケジュール、通貨の価値などの限られたコンテンツしか見られません。

    北朝鮮のインターネットに関わる仕事をした、あるエジプト人通信エンジニアは、その状況をこんな風に話しています。

    「当然ながら、現地の人たちはふつうのインターネットへの接続はできません。ただ、インターネットにあるもののうち、10%程度のものは見られると言えるでしょう。というのも、外の世界にあるあらゆるものを北朝鮮に合わせた形で、まねて作っているからです」

    ニセモノ、ってことですね…。ともあれ、もし北朝鮮に行けることがあったとしたら、インターネットが使えない、ということはささいなことかもしれないですけどね。空港の最大の利用者、北朝鮮の高麗航空は、その古い機体やシートベルトの不備で安全性に不安があるとして、4年連続で世界最低の航空会社に選ばれています…。

    source: Guardian(1)(2)、NK News

    Matt Novak - Gizmodo US[原文

    (conejo)

      あわせて読みたい

      powered by