iPhone 6s発表前に、iPhoneの強さが浮き彫りになる結果が日本と世界で明らかに

    iPhone 6s発表前に、iPhoneの強さが浮き彫りになる結果が日本と世界で明らかに

    iPhoneの発表がいよいよ今晩(26時)に迫ってきました。

    iPad ProやApple TVなどが同時発表されるという噂もあり、海外ではIndependent誌がThe Biggest Launchと呼んで、大きな期待を寄せています。しかし、目玉はやはりiPhone。あらためてここでiPhoneの強さについて考えてみましょう。

    150909apple_iphone_share_oricon.jpg

    オリコンが行なった携帯メーカーの日本顧客満足度ランキングで、他メーカーを抑えてアップルが首位になっています。さらに、通話品質・端末の使いやすさ・端末のデザイン・端末の性能・カメラ機能・会社の信頼性といった個別項目でもほとんどで首位。

    ただし、これはアップル人気が高い日本に限ったことと思う人も多いはず。しかし、こちらの記事でも伝えたように、世界中でiOSのシェアが上がっているというデータが出ています。特に、日本やヨーロッパ、中国での伸びが顕著。中国はともかく安価なAndroidが人気を博しているというイメージが強いヨーロッパでiOSのシェアが上がっていることは驚きです。詳しくは以下から確認してみてください。

    アップルは、iPhoneでソフトウェアとハードウェアを統合的に自社開発するクローズドプラットフォームを採用。それによって、優れたユーザーエクスペリエンスを生み出しています。だからこそ、87%ものユーザーが最新のOS(iOS 8)を使い、iPhoneを代々乗り替えるユーザーが多く存在するわけです。

    一方で、オープンプラットフォームを採用したAndroidは断片化が進み、すべてのひとが最新OSを享受できない状況になっています(それはそれで、さまざまな端末が群雄割拠するという意味で、時代を面白くしているのですが)。

    iPhoneに追い風が吹く中で、はたしてどのような発表があるのか。見逃すと後悔しそうな一夜が待ってますよ。

    ギズモードは、9月10日午前2時からアップルの新製品発表会の情報をリアルタイムで更新します。iPhone 6sや新型iPad、新型Apple TVなどが発表されるかも。リアルタイム更新はこちらのページ@gizmodojapanで。当日は一緒に楽しみましょう!

    source: オリコン , Kantar

    image by Ellica / Shutterstock.com

    (松葉信彦)

      あわせて読みたい