日本の高校生が乾電池で動く電車を自作。ギネスチャレンジへ!

    日本の高校生が乾電池で動く電車を自作。ギネスチャレンジへ!

    川越工業高等学校とパナソニックがタッグを組んで世界記録へ挑戦!

    昨年もギズモードがリアルタイムでお伝えしてきたパナソニックのエボルタチャレンジ。もちろん今年もやるようです!

    今年のチャレンジャーは、川越工業高等学校電気科「電車班」。現役の線路を舞台に単1形乾電池エボルタを動力にした自作車両で、距離20kmの鉄道走行をするというギネス世界記録に挑戦します。

    150903_evolta2_R.JPG
    川越工業高等学校のみなさん

    150903_evolta4.JPG
    舞台は秋田県

    自作車両が走るのは、今年開業30周年を迎える「由利高原鉄道 鳥海山ろく線」。秋田県由利本荘市に位置し、霊峰鳥海山のふもとにひろがるのどかな田園風景の中、前郷駅から矢島駅までの区間を往復し、合計約20kmの走行を目指します。

    チャレンジするギネス世界記録のルール

    1.市販の乾電池のみで車両を動かすこと。

    2.車両だけで700kg以上を要すること。

    3.挑戦中、車両を修理してはならない。

    4.「上り坂」方面でスタートすること。

    5.距離20km以上のレールを走りきること

    チャレンジ予定日は2015年11月3日(火・祝日)。舞台は由利高原鉄道鳥海山ろく線(秋田県由利本荘市)!! ギズモードもリアルタイムでお伝えしていきますのでお楽しみに。

    source: panasonic

    (ロバーツ町田)

      あわせて読みたい

      powered by