グーグルがスマホをなくさない技術を開発中。次期Androidは標準搭載か?

    グーグルがスマホをなくさない技術を開発中。次期Androidは標準搭載か?

    標準搭載してくれないかな。

    Androidを開発するグーグルは10月末に、スマホをなくさないようにするための、とある特許を取得しました。

    それは、NFCを用いてデバイス間を接続しておき、そのデバイス間の距離が一定以上離れたらアラートを鳴らすといった類のもの。具体的には、Android WearとAndroidのようにウェアラブルデバイスとスマートフォンを接続させておくイメージのようです。

    こうった技術自体には全く目新しさがないのはご存じの通りで、既にNFCタグだったり類似する製品は山のように存在します。このニュースの価値は、たぶんグーグルがやっているということに意味があるんだと思うんです。

    グーグルがみずから特許を取得しているということは、グーグルの次期Android OSに搭載される可能性があるということを意味するでしょう。NFC自体はすでに多くのスマートフォンに搭載されている技術ですから、OS自体にこの技術を組み込んできてもおかしくはないはず。

    ただ唯一気になるのは、この手の忘れ物防止技術って、例えばトイレに行くときにスマホを忘れても、ちょっとコンビニに行くだけでも、アラートが出るのかというところ。スマホを持つ必要がないタイミングでアラートを出されても困っちゃいますよね。

    その辺は、GPSで家やオフィスの近くを判別したり、充電中だと鳴らないみたいな設定が細かくできると解決できそうですが、グーグルはどこまでやってくれるのか。とりあえず次期OSを楽しみにしておきたいと思います。

    image by ivandan / Shutterstock.com

    source: QUARTZ

    (小山和之)

      あわせて読みたい

      powered by