ギズ編集部員の多忙な1日が、スマートライフに変わる日

  • Sponsored
    ギズ編集部員の多忙な1日が、スマートライフに変わる日
    Sponsored by Huawei

    アナログの時計を何本も持つのに憧れちゃう。

    でも世の中はスマートウォッチブーム、確かにスマートウォッチも欲しいし、今さらアナログ時計なんてどうかな……ご安心を。HUAWEI WATCHなら、あなたの望みをすべて叶えることができそうです。

    オシャレ、かつ超万能。どこが? そんな疑問をぶつけるべく、ギズ編集部員の宮原が1日使い倒してみました。

    151105_giz_huawei02.jpg

    朝が弱い編集部員の宮原、早速HUAWEI WATCHのタイマーで起床です。時計の本場スイスクラシックなデザインを取り入れた結果……いつも手元に置いておきたいアナログウォッチライクなフォルムが好印象です。

    151120_huawei03.jpg

    朝起きたらランニングするのが彼の日課。ここでもHUAWEI WATCH大活躍

    151105_giz_huaweiB.jpg

    HUAWEI WATCHが、歩く、走る、登るなどの行動を感知し、消費カロリー心拍数などからリアルタイムで体の状態をチェックできるんです。

    151120_huawei05.jpg

    さて、そんな宮原そろそろ出勤です。

    「うわー遅刻しちゃいそう。エレベーター来ないなー」。

    Always Onスクリーンだから、すぐに時間を確認できます。

    151120_huawei04.jpg

    通勤中には、例えばBluetooth経由でHUAWEI WATCH内のメモリーに取り入れた音楽を聴いたり、天気予報を確認したり、ニュースアプリで速報通知をチェックしたりと、サードパーティのアプリを入れることで、さまざまな情報をゲットできるんです。

    151112_giz_huawei04.jpg

    こんなデスクワークのときも、先ほどのAlways Onスクリーンが威力を発揮します。常に時計っぽさを損なわないのもニクい演出。

    151112_giz_huawei05.jpg

    ちなみに音楽再生時はこんなふうにジャケットが。なんだかオリジナルのフェイスみたいでかっこよくないですか? そういえばアプリを入れれば、Googleカメラのシャッター機能もコイツからできるんだった!

    151120_huawei02.jpg

    仕事場に着いた宮原。早速……

    「おっ、LINEで友達から飲み会の誘いが!」

    仕事中にFacebookLINEなどおおっぴらにSNSをチェックするのは憚られる新人編集部員の宮原。HUAWEI WATCH自動受信したSNS通知をサラッと確認したり、それにメールの内容確認もOK! わざわざスマホを取り出さなくても大丈夫なんです。またマイクを使えば口頭でメールの返信も可能なんです。驚き

    151112_giz_huawei01.jpg

    午後の打ち合わせ中にちょこっと外出の予定があったのを思い出した宮原。サッと天気予報を確認します。

    151112_giz_huawei02.jpg

    外出時は最寄駅の時刻表をチェックしておきたい。それもわざわざスマホを出す必要なし!

    151120_huawei01.jpg

    「う〜ん、夜はどんなフェイスにしようかな?」と仕事終わりの宮原。

    androidwear_logoNEW.jpg

    ちなみにこちらのHUAWEI WATCH、アプリandroid wearをインストールすることで、スマホと連動させることができます。

    151112_giz_huawei7.jpg

    フェイスの変更はもちろん、各種機能設定ができるんです。

    151105_giz_huaweiA.jpg

    用意された文字盤はなんと40種以上! 加えてandroid wearのアプリストアでダウンロードしてトンがったフェイスを増やすことも可能なんです(無料/有料あり)。つまり時計を40個以上持っている気分に!?

    151120_huawei06.jpg

    「これなんか良くないですか?」

    仕事後の“野郎飲み”でちょっと酔ってきた宮原。ドヤ顔で次々にフェイスを自慢し始めました。すると突然時計に向かって話し始める宮原。

    「み、宮原くん、何やってんの?」

    151120_huawei07.jpg

    HUAWEI WATCHに“OK GOOGLE”って話しかけると、検索したり、メモをしたり、メールを返信したりと、音声認識機能が使えるんです。すごく便利でしょ? なんだか愛着もわいてきちゃって……」

    径42mmの円形ディスプレイに2時方向に設置された竜頭とシンプルなフォルム。カジュアルなときはカジュアルに、フォーマルなときはフォーマルに、シンプルでハイエンドな息吹を感じさせるバンドとともに、TPOに合わせてスタイルを変えられるんです。

    151112_giz_huawei8.jpg

    「このヴェゼル(フレーム)、なんとも言えない美しさだな〜……しかもサファイアクリスタルとかステンレススチールを使っているから、高級感があるんですよ」

    HUAWEI WATCHを見入る宮原、さあ、アルコールも入っていい気分になりました。充電をすれば1.5日しっかり使用できるので、安心して夜通し遊べちゃうのもポイントなんです。

    シーンごとに変化が自由なスマートウォッチで、人とは違う優越感を……HUAWEI WATCHならアナログもデジタルも、どっちの気分にも浸れるんじゃないかと思いました。

    早速、HUAWEI WATCHの現物に触れてみたいというあなたにはこんな朗報が。12月2日(水)から25日(金)まで新宿伊勢丹メンズ館のクリスマスギフト展示スペースでHUAWEI WATCHが期間限定で特別展示されるそう。さらに12月5日(土)から11日(金)には有楽町の阪急メンズ・トーキョー6階で特別販売を予定しています。

    151118_giz_huaweiwatch_white.jpg

    発売中のモデルは公式オンラインストアVモール」楽天市場店をはじめ、全国の家電量販店や各種ECサイトで手に入れることができるほか、ソフトバンクモバイル直営店(渋谷店、東京駅店、大阪店、銀座店、表参道店、六本木店)にてHUAWEI WATCHが販売開始! ワタクシも早速足を運びたいと思います。

    source: HUAWEI WATCH

    (ホシデトモタカ)

    あわせて読みたい

    powered by