アップルがiPhoneのイヤホンジャックを無くすとどうなる?

    アップルがiPhoneのイヤホンジャックを無くすとどうなる?

    モデルを重ねるごとに進化をつづけるiPhone。2016年に登場するiPhone 7からはイヤホンジャックがなくなるんじゃないかという噂がでています。まだ多くの人が使うイヤホンジャックが消えるというのはにわかには信じがたいですが、一体どんな利点があるんでしょうか。

    より薄く

    151226appleLightningJack2.jpeg

    実は現行の3.5mmイヤホンジャックはiPhoneでLightningコネクタ以上の幅を取っています。下から見た写真でも太いことがわかりますね。またiPhoneを薄くする以外にも空いたスペースでバッテリーを増やすという選択肢もあるはずです。

    Lightning対応のヘッドホンジャックに

    151226appleLightningJack4.jpeg

    アップル情報に詳しいMacお宝鑑定団によると、アップルは既存のイヤホンジャックの代わりにBluetooth対応のヘッドホンまたはLightningコネクタのジャックに移行するかもしれません。

    Lightningへの移行はハイレゾに対応するため、より機能をもたせるため(DAC内臓のLightningコネクタ)やヘッドホンメーカーからライセンス料を取ることができるためなどの理由が考えられます。Apple Musicのハイレゾ対応の噂からもありえる話ですね。

    ワイヤレス充電に対応?

    気になるのは既存のイヤホンジャックをなくすと充電しながら音楽を聴くことができなくなること。解決策の一つはApple純正のSmart Battery Caseを使うことですが、皆が皆これを買うわけにはいかず…。

    151226appleLightningJack3.jpeg

    なのでワイヤレス充電に対応するんじゃないかという期待もあります。実現したらすごいですが、まだiPhone 7の先の話の可能性があります。

    より水に強く

    iPhone 6sは実は結構水に強いのですが、イヤホンジャックをなくすことでより防水性が高まるかもしれません。

    たとえ既存のイヤホンジャックがなくなるとしてもここまでiPhoneが進化するとしたらユーザーとしては嬉しい気もしますが、どうでしょう。iPhone 7の発売まで長く、待ち遠しいですね。

    Image by Handy Abovergleich, iFixit, Philips

    source: Forbes, Macお宝鑑定団

    (ケンタロー)

      あわせて読みたい

      powered by