Hyundaiが「アイアンマン」にインスパイアされたパワードスーツを開発

    Hyundaiが「アイアンマン」にインスパイアされたパワードスーツを開発

    パワードスーツっていえばやっぱりアイアンマン!

    韓国の自動車メーカー、Hyundai(現代自動車)が新たな運送用のデバイスとして「外骨格型のパワードスーツ」を開発中であると発表しました。ネタ元のEngadgetによると、同社の「Next Mobility」グループは将来的に個人が荷物を持ち運ぶ際の手助けをするために使用されることを考えているとのこと。また、幅広い応用を可能にし、日々訓練をする軍人さんから工場勤務の方々まで、重い荷物の持ち運びを手助けできるだろうとしています。

    160516hyundai_exoskeleton1.jpg

    この発表はHyundaiのブログにポストされたもので、同ブログにもちらほらと写真がアップロードされていますが、このパワードスーツはアメコミとして有名なMarvel Comicsの「アイアンマン」にインスパイアされたそうです。たしかにパワードスーツっていえばアイアンマンを想像しますしね

    実際、現段階ではまだ「アイアンマンだ!」って感じではないですが、それでもいわゆる「ウェアラブル・ロボット」としては率直にかっこいいなって思います。今回のパワードスーツのベースとなったモデルはHyundaiが去年開発した「H-LEX」とよばれる軽量型の外骨格型デバイス。こちらは高齢者の補助リハビリテーション用に作られたもので、今回のはより重い(そしてよりロボットライクな)もののようですね。

    160516hyundai_exoskeleton2.jpg

    現在のところ、このパワードスーツの発売などは未定のようでそれらの情報は出されておらず、現状はコマーシャルとしての利用ということのようです。

    まだ実用化の見通しはついていないようですが、まあ、アイアンマンのパワードスーツだって「マーク○○」って何度も改良していますし、どちらにしても今後の開発に期待!ということは間違いないですね。

    image by Hyundai

    source: Hyundai via Engadget

    Angela Chen - Gizmodo US[原文

    (横山浩暉)

      あわせて読みたい