タイムラプスが日常をドラマにする「30秒ちょいログ」がSNSを盛り上げる

  • Sponsored
    タイムラプスが日常をドラマにする「30秒ちょいログ」がSNSを盛り上げる

    この手があった。

    いつの間にか、FacebookなどのSNSフィードに流れてくるポストの動画比率がかなり高くなってきていますよね。動画を投稿している友達も増えてきて、「いっちょ動画でもアップしてみるか!」と張り切ったのも束の間、実際に投稿してみるとなんだか間延びしちゃうなんてことも。

    人間がストレスなく見られる長さは30秒〜せいぜい2分程度です。1分を超えると、かなり展開やテンポを意識して編集されたものでないと「もういいや……」となってしまいます。

    そこで今回、大人のソニーでは「間延びしないシェア動画」に最適な「30秒ちょいログ」という、新しい動画のカタチを新提案しています。あなたが触れる日々のシーンを、「30秒ちょい」で切り取ってみませんか?

    時間経過を30秒ちょいにギュっと。タイムラプスが叶える「目が離せない動画」

    では、「30秒ちょいログ」って何でしょう? まずはこちらをご覧ください。

    ハーフプレーでも2時間、1ラウンドだと4時間以上かかるゴルフを、たった30秒のダイジェストにしました。細かいプレー内容や音声はわかりませんが、パラパラ漫画のように動くのがコミカルです。

    実はこれ、「タイムラプス」と呼ばれる撮影手法。時間経過を早回しで見られる動画で、なんだか目が離せません。この「目が離せない」感じがSNSにぴったりなんです。時間経過を記録しているから、「最後はどうなるんだろう?」という興味も自然と湧いてきます。

    このタイムラプス動画で、印象的なシーンを記録していくのが「30秒ちょいログ」。続いてはオススメの撮影シーンをご紹介しましょう。

    「作ってみた」との親和性は最高

    「時間経過を見せる動画」ということで、まず思い浮かぶのが「作ってみた」とのコラボでしょう。

    この「柴犬折り紙」、超力作ですが、「30秒ちょいログ」ならあっという間に完成! 手の動きが速すぎてほとんど見えないので、まるで紙がひとりでにカタチを変えていくようにも見えます。

    SNSで「いいね!」の数字がうなぎ上りしていくのが想像できますね。

    30人前の大盛焼きそばも、たった30秒で作って完食! アウトドアでの定番イベントも、タイムラプスで撮影するとバラエティ番組のコーナーみたいな印象に。一緒に行った友人たちにシェアすれば、喜ばれること間違いなしです。

    時間経過で「地球の営み」を感じる

    夜明け前から始めた釣り。釣りの結果も気になりますが、注目したいのは背景で繰り広げられる地球の営みです。水平線近くが徐々に白み、ゆっくりと昇ってくる太陽。時間がタイムラプス動画で凝縮されることで、目を見張る美しさで迫ってきます。

    自然や情景が変化していく場面も「30秒ちょいログ」が映えるシーンです。

    アクションカムが「30秒ちょいログ」をもっと楽しくする

    160518-otonano.jpg

    長時間撮影した動画を、ギュっと圧縮する「30秒ちょいログ」。スマホやデジカメでは撮影し続けるのもちょっと大変ですよね。

    そこでオススメしたいのがソニーのアクションカムHDR-AS50。アクセサリーも豊富で、あらゆるアクティビティの現場をさまざまな視点で切り取ることができます。また、4K画質でタイムラプス撮影が可能なので4Kテレビ、ブラビアX9350Dシリーズを使って視聴すれば、アクティビティの感動が、そのままのリアルさで追体験できますよ(※PC用編集ソフト「Action Cam Movie Creator」での編集が必要です)。

    160518-otonano2.jpg
    4Kテレビ、ブラビアX9350Dシリーズ

    HDR-AS50とブラビアX9350Dシリーズは、東京・銀座ソニービルソニーショールームソニーストア名古屋ソニーストア大阪ソニーストア福岡天神で見ることができます。

    いつものシーンを特別な30秒に、SNSにもシェアしやすい「30秒ちょいログ」で、動画との新しい関係を始めませんか?

    この「30秒ちょいログ」のほかにも大人がついやってみたくなるような遊びや体験を紹介している「大人のソニー」を見てみるのもまたよしですよ。

    source: 大人のソニー

    (有賀久智)

    【スマートフォンはこちらから】
    (別ページでアンケートが開きます)

    あわせて読みたい

    powered by