アンダー・ザ・シ~、マリアナ海溝底の奇妙な生き物たち

アンダー・ザ・シ~、マリアナ海溝底の奇妙な生き物たち

平凡な日常に刺激がほしい?

NOAA(海洋・大気圏公団)の深海探査ロボットがマリアナ海溝の底で見つけた、悪夢から抜け出たかのような深海生物を見ればいい刺激になるかも!(そして夜眠れなくなるかも)

4月20日、NOAAの探査船Okeanos Explorerで働く科学者たちは、地球の表面上で最も深い場所であるマリアナ海溝の底を調査するために深海探査ロボットDeep Discovererを出発させました。11kmにもわたる裂け目に存在する生態系については、まだ少ししかわかっていませんでした。実際、火星の表面に関することのほうがよくわかっているといわれています。

Deep Discovererの3台のカメラが撮影した撮影したマリアナ海溝の秘密は、インターネットでライブ配信されていました(現在はアーカイブ動画が公開されています)。マリアナ海溝で最近録音された不協和音をバックに流しながら見ると雰囲気たっぷりでいいかもしれません。

NOAAのウェブサイトでは、探査があるごとに新たな写真や動画が掲載されています。すでにたくさんの奇妙で不思議、悪夢に出てきそうな生き物たちの姿が明らかになっていますが、この2016年のマリアナ海溝調査「The 2016 Deepwater Exploration of the Marianas」は7月10日まで続きます。選りすぐりの不思議な生き物ちゃんたちを下にお見せしていますが、皆さんもへんちくりんなやつを見つけたら教えてくださいね!

160510deepseanoaa2.jpg
Fina Nagu Caldera Dで泳ぐ深海のナマコ類

160510deepseanoaa3.jpg
美しい、茎のあるウミユリ綱の生き物

160510deepseanoaa5.jpg
Northwest Guam Seamountで見つかったギンザメ目

160510deepseanoaa6.jpg
Northwest Guam Seamountの目の退化した深海ロブスター

160510deepseanoaa7.jpg
Northwest Guam Seamountの目の退化した深海ロブスター

160510deepseanoaa8.jpg
クモヒトデの親戚のテヅルモヅル

160510deepseanoaa9.jpg
テヅルモヅルの群れの貴重な光景

160510deepseanoaa10.jpg
深さ3,700mの「エニグマ海山」で見つかったオワンクラゲ

All Images: NOAA Office of Ocean Exploration and Research, 2016 Deepwater Exploration of the Marianas.

source: NOAA

Maddie Stone - Gizmodo US[原文

(abcxyz)

    あわせて読みたい

    powered by