ロシア軍機がアメリカ駆逐艦にスレッスレの異常接近飛行した瞬間

    ロシア軍機がアメリカ駆逐艦にスレッスレの異常接近飛行した瞬間

    ロシアさん、悪意ありまくりです。

    アメリカ海軍が、国際水域上で「ロシア軍機に繰り返し異常接近飛行をしかけられた」との報告をしました。しかも2度も異常接近されたとのこと。米ミサイル駆逐艦「ドナルド・クック」が着艦の演習中に、ロシアSU-242機により何度も接近飛行を受けたと伝えられています。

    そしてこの報告の後にまたやったんです、ロシア。ロシアのヘリコプターがアメリカ駆逐艦の周りをぐるぐると回ったかと思ったら、2機のSU-24ジェット機が低空飛行のスレスレで、11回も通過。「ロシアの戦闘機は訓練攻撃態勢で飛行し、英語、ロシア語両方で何度もおこなわれた勧告にも従わなかった」ということです。

    飛行にプロかもしれませんが、いくらなんでもこれは危ない。何度もおこなわれたこのロシアの威嚇飛行、一体何が目的なんでしょうか。

    Source: Navy

    Bryan Menegus - Gizmodo US[原文

    (リョウコ)

      あわせて読みたい