iPhoneを中心に家が回り始める。スマートホームのすべてを操るアプリ「Home」発表

    • Twitter
    • Facebook
    • LINE
    • はてな
    • クリップボードにコピー
    • ×
    • …
    iPhoneを中心に家が回り始める。スマートホームのすべてを操るアプリ「Home」発表

    HomeKitのアナウンスから2年。2016年のWWDCで、Appleが目指すスマートホームの完成形がはっきりと見えました。それが、iOS 10から登場する予定の「Home」です。

    「Home」は、HomeKit対応のIoTをまとめて操作できるリモコン的なアプリ。このリモコンは、生活シーンに合わせたショートカットが作れます。例えば「おはようセット」を作ったら、「カーテンが開いて、目が覚めそうなBGMが流れて、照明がつく」という朝の一連の操作をまとめて登録しておけるわけです。

    160614homekit_2.jpg

    一番のポイントは、ボタンやショートカットキーすら押さなくていいってことです。iOSには(新発表のmacOSにもですが)、Siriがついているからです。アプリを起動する必要すらありません。ただiPhoneに向かってベッドの中から言えばいいんです、「おはようセットで起こして〜」って。

    これはAmazon EchoGoogle Homeとの競争の第一歩になりそうです。彼らのようなアイコン的デバイスについては、Appleは言及しませんでした。ただ、家の外から何か操作をするときには、Apple TVがハブとしてはたらくのかもしれません。

    160614homekit_3.jpg
    インターフォンのところまで行かなくてもiPhoneで相手が確認でき、解錠までできる

    またAppleは、このHomeアプリと同時に、HomeKit対応のガジェットをたくさん見せました。エアコンや玄関のインターフォン、ドアやガレージのロックまで。なんかSamsungのSmartThingsを真似してるみたいだなって思いました? 機が熟すまで待っておいて、他社よりいいものを出してくるのはAppleのいつものやり方ですから…。

    wwdc_16_long_new.jpg

    Adam Clark Estes - GizmodoUS[原文

    (斎藤真琴)