iOS 10の「iMessage」、何が変わるか画像でどうぞ!

iOS 10の「iMessage」、何が変わるか画像でどうぞ!

本日早朝に開催されたApple「WWDC 2016」のKeynote。その中でも私たちの日常利用に関係しそうなのがiOS 10に含まれる「iMessage」の機能追加です。どこかLINE風? いやSnapchat風?とも思える新機能ですが、ここでは画像付きで紹介したいと思います。

Bubble effects

20160614ni2.jpg

メッセージを強調したい時、「Bubble effects」で文字が泡のように一瞬ドーンと大きく表示されます。

Invisible ink

20160614ni3.jpg

最初はよくわからない画像だけれど、相手がスワイプすればぱっと霧が晴れて中身が見えます。サプライズを演出したい時にどうぞ。

デカ絵文字

20160614ni4.jpg

絵文字が3倍大きくなります。それだけ?それだけです。

スティッカー機能

20160614ni5.jpg

ディズニーなどの可愛らしいスティッカーをメッセージに挟み込めます。スティッカーの配置場所はメッセージの頭から写真の上まで、自由に配置可能。あ、この機能〇〇で見たことある!とか言わないように。

App StoreではiMessage用のスティッカーが登場します。

サインの送信機能

20160614ni6.jpg

スラスラスラっと書いた文字が、相手の画面上にもアニメーションで表示されます。これ英語だとカッコいいけど、日本語だとどうなのかな…。

20160614gizmodo_wwdc_long_end.jpg

Alissa Walker - Gizmodo[原文

(塚本直樹)

    あわせて読みたい

    powered by