HTC ViveがPCショップの店頭での発売を開始! VRだけでなく、Mixed Realityにも興味津々?

    HTC ViveがPCショップの店頭での発売を開始! VRだけでなく、Mixed Realityにも興味津々?

    日本市場に本腰を入れる?

    HTCのVRヘッドセット「Vive」がPCショップの「Dospara」、「GALLERIA」、「TSUKUMO」、「UNITCOM」にて店頭販売されることが発表されました。

    店頭では実際にViveの体験コーナーも設置されるとのこと。同時に発表された「VR予約システム」にて、Viveの体験を予約できます。高いお金を払って買うものだからこそ、事前に体験できるというのはとてもありがたいですね。

    160707_htc_vive_8.jpg

    そこで、今回は特別に日本初公開の新しい複合現実「MR(Mixed Reality:複合現実)システム」を体験してきました。どんなシステムかというと、VRヘッドセットをつけているプレイヤー以外の人もバーチャル世界を楽しむことができるんです。動画でその様子をご覧ください。

    なんか一昔前の天才テレビくんみたいですよね…。最新技術のはずなのに、なぜかノスタルジーを感じました。

    恐らく、外側から撮影したプレイヤーの背景にあるグリーンバックに、プレイヤーが体験しているバーチャル世界を撮影点と同じ角度で合成し、それをモニター映像として出力することで第三者視点を作り上げているのだと思われます。

    VR用ソフトを開発している会社にとっては、ソフトのデモムービーやプレイ動画にこのMRシステムを組み込むことで、ゲームの世界観をさらに伝えやすくなりそうです。

    160707_htc_vive_5.jpg

    また、HTCはViveをエンターテインメントだけではなく、SNSの新たな形であったり、教育や、デザインなど様々な分野での利用を考えているとのこと。いまは、まだ私たちには予想できないような使い方が、今後は出てくるかもしれません。

    VRは体感しないとその凄さが伝わりづらいので、第三者視点があると最近は「共有」が大きな要素になってるSNSにはピッタリかもしれませんし、VR内でのデザインとかもうまくいきそうですよね。個人的には、2人プレイのVRゲームでお互いの姿をVR内で見えたりしたら、「本物の人間がバーチャル世界にいる!」と思って没入感が半端じゃなくなりそうだと妄想が広がります。

    160707_htc_vive_4.jpg

    Viveは独自のエコシステムを築いていきたいとのことで、デベロッパーの開発環境を支援する「VIVE X」というプログラムや、資金面での支援を行なう「vrvca(vrベンチャーキャピタルアライアンス)」というプログラムを発表しています。

    これだけ応援してくれるっていうんだから、ぜひ開発者さんたちには頑張って欲しいです。だってViveは現在発売されているVRヘッドセットの中で、唯一VRしたまま動き回れるんですよ?

    いま日本でVRと言ったら、PlayStation VRで大騒ぎという感じですけれど、Viveのことも忘れないでほしい…。

    (K.Yoshioka)

    あわせて読みたい

    powered by