スタンプをポンッ!フォントの種類も色も読み取ってくれるガジェット

スタンプをポンッ!フォントの種類も色も読み取ってくれるガジェット

アイデアと技術の見事な融合。

偶然見つけた素敵なフォント。でも見ただけでは名前はわからないし、あとで似たものを探しても、やっぱりちょっと違う…。

特にデザイナーの方なら、そんな経験があるのではないでしょうか。しかしそれも、昨日までのものになるかもしれません。

美術系大学の世界最高峰といわれる、ロンドンのロイヤル・カレッジ・オブ・アートの学生、Fiona O'Learyさんが開発したのは、一見可愛らしいスタンプ。でもこれ、紙や看板など、文字が書いてあるものにポンッと押すだけで、フォントや色が読み取れるという驚きのガジェット。名づけて「The Spector」です。

こんなフォントも…

160707_spector_5.jpg

スタンプポンッで、このとおり。

160707_spector_3.jpg

気になる仕組みですが、このThe Spector、実はスタンプを押すことで写真を撮影しているんです。その画像を、特殊な技術を使ってテキスト情報に変換。ネットワーク上にあるフォントのデータベースから該当のものを見つけ出し特定しているのだそう。

同じ仕組みで色も判定しているため、道端の看板や草花の色だってすぐにRGB/CMYKの値がわかっちゃうんです。

160707_spector_2.jpg

現時点で、サイズやカーニングなどが認識できるフォントは7種類のみとのことですが、仕組みだけをみれば、日本語や他の言語でも対応できそうですよね。

発売などは未定とのことですが、もし持っていたら、毎日が発見だらけになりそうです。

image by Vimeo

source: The Verge

(渡邊徹則)

あわせて読みたい

powered by