ポケモンGOのアップデートが配信。アバターの再編集が可能に

ポケモンGOのアップデートが配信。アバターの再編集が可能に

意外なあの機能が消えています。

ポケモンGOの開発元のNianticは7月30日(現地時間)、ポケモンGOのアップデートとなる「バージョン 0.31.0(iOS版:バージョン1.1.0)」の配信を開始しました。主なアップデート内容はトレーナーアバターの再編集やマップの表示の不具合の修正、そしてバッテリーセーバー機能の削除(iOS版のみ)です。

20160801npokeup3.jpg

トレーナーアバターの再編集は、左下のキャラクターアイコンをタップし、右下メニューの「着替える」を選ぶとできます。ゲームスタート後に「もうちょっとカッコよくしておけばよかったな〜」と後悔している人には嬉しいアップデートですね。

さらに、iOS版のポケモンGOでは「バッテリーセーバー」機能が削除されています。この機能は以前に不具合が報告されていたこともあり、きちんと動作が確認されてから再度実装されるのかもしれません。

また、ポケモンGOでは一部でマップ表示に関する問題が報告されていました。新バージョンではマップ表示の修正も加えられています。

20160801npokeup4.jpg

なお、バージョン 0.31.0(iOS版:バージョン1.1.0)アップデートにともなってiOS版では環境と操作方法によっては別アカウントにサインインしてしまう場合があるようです。その場合はアプリケーションを削除してインストールし直すか、あるいは該当アカウントからサインアウトし正しいアカウントにサインインするように公式アカウントにてアナウンスしています。

バージョン 0.31.0(iOS版:バージョン1.1.0)の詳しいアップデート内容は以下のとおりです。

- トレーナーアバターがプロフィール画面から再編集可能になりました
- 一部の技のダメージを調整しました
- ジムのアニメーションを一部調整しました
- メモリー問題を改善しました
- 近くのポケモンから足あとを削除しました
- エンカウント中のバグを修正しました
- ポケモンの詳細画面を更新しました
- メダルの画像を更新しました
- マップの表示の不具合を修正しました
- 一部テキストの修正しました

top image by Shablon / shutterstock.com

source: App Store, Google Play

(塚本直樹)

    あわせて読みたい

    powered by