戦争映画? クリストファー・ノーラン監督最新作「ダンケルク」ティザー予告編

戦争映画? クリストファー・ノーラン監督最新作「ダンケルク」ティザー予告編

今度の映画はアクション・スリラー!?

ダークナイト」、「インセプション」でおなじみクリストファー・ノーラン監督の最新作「Dunkirk」のティザー予告編が公開されました。

こちらはWarner Bros. Picturesがアップロードした動画。

サイコスリラー「メメント」や、壮大なSF巨編「インターステラー」などの幅広い作品を手がけてきたクリストファー・ノーラン監督ですが、今回の物語の舞台は第二次世界大戦!

タイトルの「ダンケルク」とはフランスの港町の名前。第二次世界大戦の初期、ドイツ軍によって包囲された連合軍が行った大規模撤退作戦「ダイナモ作戦(ダンケルクの戦い)」の舞台でもあります。

映像では独特なデザインの「ブロディヘルメット」を被ったイギリス兵たちが寿司詰め状態で船に乗る中、迫り来るドイツ軍の急降下爆撃機「シュトゥーカ」のサイレンの音に怯えるというシーンが映されています。

「インセプション」は後に「インセプション・ホーン」と呼ばれるブワーンという音が印象的で、他の映画の予告編でも聞き飽きるほど多用されましたが、今回の「シュトゥーカ」のサイレンも流行ったりするのかな!?

また「ダイナモ作戦」は軍艦だけでなく民間の船も駆りだされて繰り広げられたことも有名であり、またイギリス空軍が大規模な支援を行ったので、そのあたりが描かれるのかもしれません。

しかし、クリストファー・ノーラン監督のことですから、場合によっては戦争映画と見せかけて、とんでもないSFが繰り広げられる可能性もゼロではないはず。もうちょっと長めの予告編が公開されれば、もう少し内容が見えてきそうです。

映画「Dunkirk」は、アメリカで2017年7月21日に公開予定。

source: YouTube1, 2

傭兵ペンギン

あわせて読みたい

powered by