さらばフェスの行列、入場パスのリストバンドで会場内すべての決済ができる!

    さらばフェスの行列、入場パスのリストバンドで会場内すべての決済ができる!

    フェスを一変させるイノベーションですよ。

    去る2016年6月、音楽やアート、テクノロジーの交差する大規模なフェスティバル「Sonar 2016」がバルセロナで開催されました。そこでは、小さなチップがフェスを快適にするために活躍していました。

    Glownetのキャッシュレス決済技術

    160818sonar_glownet2.jpg

    Glownetはイギリスはロンドンに拠点を置くテック企業。主にライブイベントやフェス向けのテクノロジーやプロダクトの開発を行なっています。

    Sonar 2016の場で活躍したのはGlownetが開発した決済機能付きリストバンド。チップのついた入場パスのリストバンドに、あらかじめお金をチャージすることで、会場内でのお金のやりとりはすべてキャッシュレスにできるわけです。食事も飲み物も、グッズもクロークも、すべて!

    160818sonar_glownet5.jpg
    お金をスタッフに渡してチャージをしてもらっています

    160818sonar_glownet6.jpg
    表示されている金額がチャージされました

    GlownetはRFIDの技術を使ってこのプロダクトを開発しました。RFIDとは、いわゆる「電波によるID認証技術」を意味して、Suicaなどの乗車カードや電子マネーもRFIDにふくまれます。RFIDには小さなIDタグのチップが組み込まれていて、非接触でその情報をやりとりできます。これでフェスでのキャッシュレス決済を実現できたというわけですね。

    キャッシュレスなら、フェスを倍は楽しめる!

    160818sonar_glownet4.jpg

    Sonarでは、専用の端末でタグを読み込むだけで入場できるようにしたことで、入場の際に延々行列が...なんてことも起きなかったそう。まるで、ETCカード導入車みたいにスイスイって感じです。フェスで入場がモタつかないなんて想像もできないですよね。

    日本でもシーズンごとに、さまざまなフェスが開催されています。特に夏はフジロックやサマーソニックといった二大フェスに加えて、タイコクラブやメタモルフォーゼ(...あ、メタモは最近開催されていませんが...)などなど。そんなフェスのシーンでは、フードコートは大行列で、飲み物1杯買うのにひと苦労なんていうのはザラ。

    160818sonar_glownet3.jpg

    日本でもGlownetのキャッシュレス決済が一般化したら、フェスが劇的に快適になるでしょう。まず、入場や買い物の待ち時間が少なくなります。さらに、手荷物を持たなくてよくなります。Glownetはバンド自体にチケットパスと電子マネーが共在しているわけですから、フェスの会場を手ぶらで過ごせます。これなら盗難の被害も減りそうですよね。

    おそらく、フェスでの金銭のやりとりをすべてキャッスレスで済ませるだけで、フェスの楽しさは、さらに増すでしょう。それこそ、倍は楽しめるくらいに。

    イベンター側にも大きな利益が!

    160818sonar_glownet7.jpg

    お客さんがキャッシュレス決済によって、より便利にフェスを楽しめるようになると同時に、実はイベントの主催者にも多くのメリットがあるのが、Glownetのすごいところ。まず入場で時間がかからない、フードコートに行列ができないことで運営が楽になります。

    160818sonar_glownet8.jpg

    さらに重要なポイントは、お客さんの消費行動のデータを取得できるということです。Glownet、すなわちRFIDのタグによって取得されたデータを解析することで、消費者の傾向や売り上げなどを分析できます。フェス全体を俯瞰してどのお店が一番売れたかがすぐにわかったり、どの時間帯で消費されているか、どの場所が、どんなものが...とあらゆることがデータベースとして可視化されるため、フェス運営の改善に役立ちます。

    ***

    ひとつのテクノロジーが何かを画期的に変える可能性をGlownetにはいだきます。このようにテクノロジーがカルチャーに落とし込まれることで、そのカルチャーがより一層拡張していく事例はとても重要なように思います。

    Glownetはすでに100以上のイベントで実用化されています。これはぜひとも日本のフェスでも導入してもらいたいなあ、と。この週末のサマソニも盛り上がるでしょう。将来のフェスカルチャーにはもう、行列のないフェスが一般化しているかもしれません。

    ああ、こんな風に考えてるとフェスに行きたくなりますね。

    image by Glownet

    source: Glownet, Sonar 2016, Sonar D

    (横山浩暉)

      あわせて読みたい

      powered by