DIYの必需品になるかも…スマホで壁の中を透視できちゃうデバイス「WalabotDIY」

DIYの必需品になるかも…スマホで壁の中を透視できちゃうデバイス「WalabotDIY」

透視できるのは壁の向こうじゃなくて、壁の中。

家の壁をぶち抜いたりクギを打ったり、DIYを行う前に、壁の中に何が含まれているのか知りたくなりませんか。WalabotDIYは、Androidのスマートフォンと連携して使うセンサーデバイスで、壁の中の物体を検知できます。パイプやワイヤーだけでなく、ねずみなどの生き物も可能です。

Vayyar社のWalabotDIYは、同社の電波を使って3Dイメージを作るというテクノロジーを利用した製品第一号で、使い方はとても簡単。Google Play StoreでアプリをダウンロードしたスマートフォンにUSBポートから接続して、壁に向けて使うだけ。マグネットでスマートフォンの背面にくっつけられるので、片手での操作もできます。

DIYの必需品になるかも…スマホで壁の中を透視できちゃうデバイス「WalabotDIY」2

壁の中の配線や物体を検知したら音が鳴ったり光ったりするだけでなく、物体の形状を3Dイメージで視覚化します。透視しているかのごとく、壁の中のものがわかるのが特徴。約10センチの深さまで検出できるので、いろいろな壁に対応可能です。

通常価格299ドル(約3万円)のところ、現在キャンペーンで199ドル(約2万円)で手に入ります。壁のDIYはもちろん、応用次第で様々な用途に使えそうですね。

source:Walabot

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文
(mayumine)

    あわせて読みたい

    powered by