まさに弱肉強食…。禁止区域を飛ぶ、いけないドローンを捕獲するためのドローンが登場

    まさに弱肉強食…。禁止区域を飛ぶ、いけないドローンを捕獲するためのドローンが登場

    ドローンを捕まえるためのドローン。

    ちょっとお金を出せばすぐドローンが買えちゃう時代になりました。でも、飛ばしてはいけないところにビューンと飛ばしてしまう人も増え、さまざまな問題も起きていますよね。

    そんなドローンを取り締まるために登場したのが、こちらの「Airspace」です。獲物を狙う鳥のように、飛んでいるドローンを後ろから追跡、そして網で見事に捕獲します!

    こちらはAirspaceの製造元のAirspace Systemsが公開した公式デモ動画です。ユーザーはモバイルアプリを使ってドローンの近くのターゲットを設定するだけで、ドローンを捕獲することができます。

    なんと、Airspaceは機械学習ソフトウェアを搭載しており、マシンビジョンと学習機能で空に飛ぶ獲物を発見する能力があるので、自分でターゲットを見つけることもできるんだそうです。間違って群れからはぐれて迷ってる鳥とかターゲットにされちゃったら困りますけどね。

    一応、安全のためにAirspaceはターゲットのドローンの追撃などはせず、捕獲ネットを投げてちゃんと着地用パッドのあるところまで運ぶんです。ドローンが2機でぶつかり合うと、プロペラが壊れて変な方向に飛んで行ってしまったり、壊れた部品が落ちたりしますからね。ちゃんと考えられています。

    今のところ、Airspaceの発売日や価格などの詳細はわかっていませんが、製造元のAirspace SystemsによるとAirspaceは、法執行機関政府、そしてカメラ付きのドローンが近づいてもらっては困るような会社向けにと考えているようです。でも一般家庭で使えたら、番犬の代わりにこのドローンで近所の悪ガキとか泥棒とか追い払えちゃいますよね。

    ドローンの新製品:
    ○ついにGoProからドローン「Karma」が出た!新型HERO5を乗せて4K空撮が可能に
    ○ドローンの王者DJIから、高性能でコンパクトな折りたたみ式ドローン「Mavic Pro」が出た!
    ○ハン・ソロ&チューイと共に羽ばたけ! ミレニアム・ファルコン号のドローンが登場

    image by YouTube
    source: Airspace Systems, Laughing Squid

    Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文
    (岩田リョウコ)

    あわせて読みたい

    powered by