12年間のミッションを終えた探査機ロゼッタが彗星衝突前、最後に見た風景

12年間のミッションを終えた探査機ロゼッタが彗星衝突前、最後に見た風景

お疲れ様でした。

観測してきたチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星(P67)に衝突し、12年間のミッションを終了した探査機ロゼッタ。ロゼッタの最後の予想軌道が事前に公開されていましたが、実際に今任務を終え、ロゼッタが最後に見た風景が欧州宇宙機関(ESA)より公開されました。

ロゼッタが落下するエリア。複数の画像を繋ぎ合わせたもの。

161003sayonararosetta01.jpg

彗星から20km地点。

161003sayonararosetta02.jpg

彗星から19.4km地点。

161003sayonararosetta03.jpg

彗星から15.5km地点。

161003sayonararosetta04.jpg

彗星から8.9km地点。

161003sayonararosetta05.jpg

彗星から5.8km地点。

161003sayonararosetta06.jpg

彗星から1.2km地点。

161003sayonararosetta07.jpg

そして、51m。

また、ロゼッタのブログでは、地球から見たロゼッタの最後という画像も公開されています。探査機との交信シグナルの状態です。

少しずつ弱くなって…。

161003sayonararosetta08.jpg

161003sayonararosetta09.jpg

ついには途絶えました。

161003sayonararosetta10.jpg

12年間、お疲れさまでした。ロゼッタのおかげで、我々人類は彗星を、宇宙をもっと知ることができました。

source: ESA, Rosetta Blog

Maddie Stone - Gizmodo US[原文

(そうこ)

あわせて読みたい

powered by