【2016楽器フェア・シンセ編】最先端マシンとヴィンテージシンセのダブル体験!

【2016楽器フェア・シンセ編】最先端マシンとヴィンテージシンセのダブル体験!

ありましたよ、あの名機。

2016年11月4日(金)~6日(日)に東京ビッグサイトの西ホールにて開催された、日本最大の楽器総合イベント「2016楽器フェア」。

【ギター編】に引き続き、今度は西1ホールの打楽器、コンピュータ・デジタル、管弦楽器、鍵盤エリアの様子をお届けします。

シンセサイザーもこのエリアなので、わりとメインで楽しみにしていた側です、イェイ。

161107ktmusicfairsynth02.jpg

161107ktmusicfairsynth03.jpg

アクリルケースで覆われた珍しいカホン。中が透けて見えるので、いろいろと仕込みたいですね……。叩き心地もグッド。

161107ktmusicfairsynth04.jpg

161107ktmusicfairsynth29.jpg

161107ktmusicfairsynth06.jpg

これが楽器フェアに存在するという、シンバルの森……!

161107ktmusicfairsynth07.jpg

ここがあの女のハウス、じゃなくてKORGブースね。

161107ktmusicfairsynth08.jpg

161107ktmusicfairsynth09.jpg

161107ktmusicfairsynth10.jpg

中は控えめに表現してユートピア。新旧のKORGシンセたちが勢ぞろい! 2016年11月1日に発表したばかりの新製品「monologue」も置いてありました。

161107ktmusicfairsynth11.jpg

壁のチューナーデコレーションもすごい。これこそがチューナーズウォール、440hlzジャストを出さないと開かない調律の壁。そしてそのそばには……!

161107ktmusicfairsynth12.jpg

161107ktmusicfairsynth13.jpg

伝説のアナログシンセ「Minimoog Model D復刻版」の姿が! しかも同じ棚にはArturiaがおくるハイエンドアナログシンセの「MatrixBrute」と「DrumBrute」もあり、この棚を見ただけで来た意味があったというもの。

Minimoogはまさにやりすぎ(笑)ってくらいにぶっとい音とキレのあるフィルターがすばらしく、ずっと触っていたくなりました。DrumBruteも操作性が最&高で、やっぱりほしい……。

161107ktmusicfairsynth14.jpg

161107ktmusicfairsynth15.jpg

161107ktmusicfairsynth16.jpg

JSPA(日本シンセサイザープロフェッショナルアーツ)のブースでは「シンセフェスタ2016」を開催。さまざまなデモが実演されており、musictrackでおなじみ、氏家克典さんの姿も見られました。

161107ktmusicfairsynth25.jpg

161107ktmusicfairsynth26.jpg

そして、先日逝去された冨田勲さんが実際に使用していた機材を展示したエリア「TOMITA Memorial Museum」。Moogやメロトロン、MS-50、CS-80、Jupiter-8など、電子音楽史を彩ったヴィンテージシンセがズッシリと並んでいます。

左奥に見えるのは冨田さんが開発に関わったカシオの幻のシンセ「COSMO」。発売にはいたらなかったため、実機を見られるこの機会は本当に貴重で、多くの人が足を止めて写真を撮っていました。

161107ktmusicfairsynth17.jpg

161107ktmusicfairsynth18.jpg

161107ktmusicfairsynth19.jpg

BOSSのブースではコンパクトエフェクターが美しく整列し、Rolandはライブステージを使って新製品を紹介していました。先日発表された「JC-01」は、実際に見ると超かわいかったです。豆柴みたい

161107ktmusicfairsynth30.jpg

161107ktmusicfairsynth21.jpg

161107ktmusicfairsynth31.jpg

管弦楽器のブースはとにかく美麗で、マウスピースを持参していれば試奏OKというところもありました。こころなしか制服を着た学生や親子連れの姿も多く、マイ楽器を見にきたのかな?と思ってみたり。

161107ktmusicfairsynth23.jpg

世にも珍しい木製メロディオン。鈴木楽器製作所による参考出品とのことでしたが、実際に演奏もできますし、弾き心地もグンバツです。

161107ktmusicfairsynth34.jpg

そしてこんなところでもVR。アーティストのライブをVRで体験できるそうで、オーディオテクニカが紹介していました。

昨今のハードシンセブームのおかげか、コンピュータ・デジタルエリアは総じて盛り上がっていました。次回の楽器フェアの開催は2年後の2018年ですが、その時のシンセ状況はどうなっているのか? ツマミをいじりながら待っていましょう。
シンセ関連記事
ビデオゲームのBGMあるあるをシンセで演奏
ハードシンセだけで「ファイナルファンタジーVII」の「J-E-N-O-V-A」をテケテケカバー
ターンテーブルをハックしたらシンセになった。その名も「シンテーブリズム」

source: 2016楽器フェア公式サイト, musictrack

ヤマダユウス型

あわせて読みたい

powered by