目指すはこれ? Appleの円形スマートウォッチの特許が公開

目指すはこれ? Appleの円形スマートウォッチの特許が公開

結局この形になる?

Apple Watchは長方形のディスプレイを搭載していますが、市場のスマートウォッチには円形ディスプレイを搭載しているものも少なくありません。一体どっちがスタンダードになるの?と思っていたところ、Apple(アップル)の公開された特許から同社は円形スマートウォッチにも興味を示しているようなんです。

Cnetによれば、上の画像は、Appleが2015年6月に提出した特許のイラストです。なんと、初代Apple Watchのリリース日近くから同社は円形ディスプレイを搭載したスマートウォッチのアイデアを持っていたんですね。近日公開されたこの特許には、モトローラのスマートウォッチのようなシンプルなスマートウォッチが描かれています。実際に商品化されたら、結構かっこよさそうです。

なおApple Watchはその華々しい登場とは裏腹に、今年の第3四半期にはかなりシェアを落としています。その理由は価格や機能などいろいろな要因がありえますが、もしかしたら消費者が「四角いディスプレイの時計に違和感」を感じているからかもしれません。そういった意味で、円形ディスプレイのApple Watchは悪くない賭けになりそうです。

ただし多くのテック企業がそうであるように、Appleも特許を取得したからといって実際に商品化につながるとは限りません。僕は個人的に円形のApple Watchは欲しいのですが…みなさんはどうですか?

Appleの特許についてもっと読む
ガラケー回帰? 折りたたみ式iPhoneの特許が発見される
次期iPhone向け? Appleが光センサーをディスプレイ下に配置する特許を取得

source: Cnet
(塚本直樹)

あわせて読みたい

powered by