デッカードも登場! 映画『ブレードランナー 2049』予告編

デッカードも登場! 映画『ブレードランナー 2049』予告編

デッカードはレプリカントなのか?

後のSF作品にも多大なる影響を与え、今でも絶大な人気を誇る、1982年のSF映画『ブレードランナー』。

先日の東京コミコンでも激アツな展示があった本作の35年ぶりとなる続編『ブレードランナー 2049』の予告編が公開されました。

こちらはWarner Bros. Picturesの動画(日本版SonyPicturesJapan)。本作を手がけるのは、宇宙人と対話する映画『メッセージ』が大絶賛されたドゥニ・ヴィルヌーヴ監督です。

あらすじ:前作での事件から30年後、ロサンゼルス市警のブレードランナーであるK(ライアン・ゴズリング)は世界の残滓を混乱に陥れかねない秘密を掘り返す中で、30年間行方をくらましていたブレードランナー、リック・デッカード(ハリソン・フォード)を探す旅へ出ることになる――

デッカード「俺はお前と同じ仕事やっていた。腕もよかったんだ」
K「昔はいろいろと単純だったからな」

冒頭に流れるのは、『ブレードランナー』でのデッカードのセリフ。そして、Kがハングル文字の書かれた建物の中へ入っていき、デッカードと出会うという流れです。

デッカードのブラスターネオンが輝く街並など、ファンにはたまらないものが確実に見られそうなのは嬉しい限り。かつては『ブレードランナー』に否定的だったハリソン・フォードが再びデッカードを演じてくれるというのも最高です。

【もっと読む】映画「ブレードランナー」の続編のセット写真が公開

もしかして、俺は『ブレードランナー』の続編が作られるという壮大な夢を、何らかの機械につながれて見せられているんじゃないか?と不安になるくらいに予告編の段階で幸せですし、まだ実感が全然わきません

主人公のKはブレードランナーとのことなので、まだレプリカント(労働用アンドロイド)が使われ続けているという世界が舞台なのでしょうか? また、前作では「デッカードもレプリカントなのではないか?」という論争が起き、何十年もファンはその答えを探していますが、もしかすると本作はそんな謎を追求していく物語なのかもしれません。

それにしても今回の映像に登場する風景は、フィリップ・K・ディック原作の小説『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』っぽくないでしょうか? なんとなくデッカードがもう一人のブレードランナー(小説では賞金稼ぎ)のフィル・レッシュと警察署の中で出会うシーンを思い出しませんか?

映像を見たイメージだけであり、根拠はまったくありませんが、もしかしてもしかすると原作とはだいぶ違った前作とは異なり、本作はより『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』に近い作品になるのかもしれません。マーサー教とか共感ボックスとか出てきたりして……!? 電気羊を買うために頑張るライアン・ゴズリングとかすごく見たいぞ……!

映画『ブレードランナー 2049』は2017年11月に全国ロードショー。気づけば、あと3年で『ブレードランナー』と同じ時代(前作は2019年が舞台)です。未来は今……!
もっと読む
1万2000枚の水彩画で再現した『ブレードランナー』
映画『ブレードランナー』をイメージしたモジュラーシンセジャム
こんな東京見たことない! ブレードランナーな日本の風景

image: YouTube
source: YouTube

傭兵ペンギン

あわせて読みたい

powered by