あのアニメの舞台はどこ? 好きなディズニー映画(ピクサー作品含む)の舞台が一目でわかる世界地図

あのアニメの舞台はどこ? 好きなディズニー映画(ピクサー作品含む)の舞台が一目でわかる世界地図

クリックして拡大

こちらは2014年2月17日に公開された記事の再掲載です。

大好きなディズニー作品の舞台はどーこだ?

ディズニーのアニメ映画と言えば、幼いころは飽きずにリピート再生していた記憶があります。こちらはアーティストのEowyn Smith(エオウィン・スミス)さんが作った世界地図。これをみれば、ディズニー映画45本とピクサー映画13本の舞台となった国が一目瞭然です。

さて、マッピングするにあたり、どうやって各映画の舞台となった国がわかったのでしょうか? スミスさんはまず、原作ではなく映画版に登場する景色や都市のデザインをヒントに舞台の地域を推測しました。作中で特定できなかった場合は、原作のロケーションを物語の舞台としてカウントしたそうです。なかには架空の世界が舞台だったりもしますが、地道な作業の結果、このマップが完成したわけです。

大陸ごとに内訳は以下のとおり。

北アメリカ…21作品

南アメリカ…2作品

ヨーロッパ…23作品

アフリカ…2作品

アジア…3作品

オーストラリア…2作品

その他 (架空の世界や宇宙など)…5作品

当たり前っちゃ当たり前ですが、傾向として、昔の作品はかつてのイギリスを舞台にしたものが多く、10作品もありました。一方、最近の映画(特にピクサー作品)の舞台は北アメリカや他の地域に集中しています。

米ギズChan記者は、この傾向について「他の大陸、特にアジアとアフリカを舞台にした作品が少ない」指摘しています。でも仮に日本を舞台にした映画を作るとして、昔のディズニー作品みたいにその国に伝わるおとぎ話なんかをモチーフにしたとします。うーん…ディズニー風な作画の日本昔話や怪談話ってどうなんでしょ…?

ピクサー映画の関連記事:
ピクサーに一体何が? 映画『カーズ3』のティーザー予告が意外すぎる内容
ピクサーが「ファインディング・ドリー」で採用したリアルタイム・グラフィックスが凄い
30年間に渡って名作を量産。ピクサーの進化の歴史

image by Eowyn Smith
source: Eowyn Smith

Casey Chan - Gizmodo US[原文
(たもり)

あわせて読みたい

powered by