ディズニー・リサーチ、口腔内の歯と歯茎まで再現できるCG技術を開発

ディズニー・リサーチ、口腔内の歯と歯茎まで再現できるCG技術を開発

不気味の谷現象...ロボットやCGが人間らしくなるにつれ、人間はロボットに好感をもつようになっていく、けれど、ある時点で突然強い嫌悪感に変わる現象のことをいいます。ロボットが人間に近づいてくると逆に怖い、不気味、そんな感情ですね。

CGはどこまで人間らしさを再現できるか。そのためには人間の顔の特徴を完璧に捉える必要があり、歯と歯茎の形状まで正確に再現することでその精度は高まるはず。

スイスのDisney Research Zurichと、ETH ZurichMax Planck Instituteは、短い動画や開いた口の写真を分析して対象者の歯を再現するツールを共同開発しました。つまり、笑っている人の動画があれば、その人の歯の特徴をデジタル化できるようになるのです。

これまで、正確な歯をCGで再現するためには、ゼロからひとつひとつ歯をモデリングしていくか、不快な口腔スキャナーを使って歯をスキャンする方法がとられていました。人の顔を撮影した写真や動画だけでは当然ながら口腔内の歯の形状まではわかりません。

今回の研究で、ディズニー・リサーチのチームは、目に見える歯の形状と既存の歯の形状カタログを一致させるシステムを開発。このマッチングシステムに基づいて、歯を適切なサイズと形状に一致させ、見えない部分の歯も自動生成できるようにしました。

この研究開発は、VFX(ビジュアル・エフェクツ)の技術を使うハリウッド映画やゲームCGの制作過程を合理化して制作コストを下げることを可能にしますし、より自然で魅力的なキャラクターを制作できるようになります。

これからディスニーのアニメに登場するキャラクターは、よりリアルな表情でスクリーンで笑うようになるんですね、きっと。

image by YouTube
source: Disney Research, YouTube
参考: Wikipedia

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文
(mayumine)

    あわせて読みたい

    powered by