次回作は「アナと砂の女王」か。ディズニー最新レンダリング技術が細かすぎて目が痛い

次回作は「アナと砂の女王」か。ディズニー最新レンダリング技術が細かすぎて目が痛い

ひたすらリアルな砂をかき混ぜる映画の誕生か。

うわーこのCG本物みたい」ってセリフ、もう毎年も言ってます。何なら私、『ファイナルファンタジーVII』の時からずっと言ってたわけです。でも今回ディズニー・リサーチとチューリッヒ工科大学、ダートマス大学の研究者たちが共同で開発した新レンダリング技術で制作されたこの映像を見てください。砂糖がぐるぐるかき混ぜられるだけなんですが、本当にもう次の時代のレベルに達してるんです。

えー、これ本当にソフトウェアが計算して作り出してるの?と疑いたくなるくらいの精密さ。

161209disneysugar2.jpg

ぐるぐる回る白と薄茶色の砂糖の中にコーヒーのような濃い茶色の粉が入ってきます。

161209disneysugar3.jpg

そして底から巻き上がった白い粒子のまとまりに飲み込まれたかと思うと...

161209disneysugar4.jpg

ちゃんと茶色い部分がかたまって上に巻き上がってきます。うーん、こんなにリアルならもう本物の砂糖使えばいいんじゃないの?と言いたくなるくらいのリアルさです。

論文のタイトル「異質かつ、多分散系の顆粒状物質の効率的なレンダリング(Efficient Rendering of Heterogeneous Poly-Disperse Granular Media)」をじっくり考えるとこの技術の素晴らしさが解ります。複数の種類の粒が何百万個も同時に動いた時の挙動、見た目を非常に効率的に、リアルにシミュレーションできていると。

ディズニー・リサーチの研究ということで、やはりどう応用されるのかが気になるところです。ゲームやアニメーションの細かい動きは毎年どんどんと細かく、リアルになってきますが、細かさという点では極まった感があります。

あっと驚く人や生き物を主人公に据えて驚かせてくれるディズニーですが、次の主人公はまさかの砂かもしれませんね!

もっと読む:
ディズニーが新開発した一本脚ロボットは、ティガ―みたいにぴょんぴょん跳ねる
ディズニー・リサーチ、口腔内の歯と歯茎まで再現できるCG技術を開発

image by YouTube
source: Disney Research, YouTube

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文
(塚本 紺)

    あわせて読みたい

    powered by